機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN TL72-55のフレット擦り合わせ
今回はシリアルナンバーより1989~1990年製のFENDER JAPAN TL72-55のフレット擦り合わせです。
   DSC02135.jpg
当時はエントリーモデルに近い位置付けでしたが、目の詰まったセンを使ったボディや、板目で木取りされたメイプル材など、今見るとしっかりした作りに驚きます。
昨今、品質が伴わないモデルも沢山見てきているからの感想だとは思いますが。

ブリッジの細かい隙間などには埃が堆積していましたので、可能な限り掃除をして取り除いておきましょう。
   DSC02136.jpg
ローポジションが摩耗で凹んでしまったフレット。
   DSC02138.jpg
音程も合わないし、ビリつきも出る状態でしたので、フレット擦り合わせをお奨めしました。

184Rのサンディングブロックでガシガシと、でも削り過ぎないように慎重に削っていきます。
   DSC02139.jpg
フレット脇に堆積した汚れもしっかりと落としてワックスをかけました。
   DSC02141.jpg
フレットの凹みが消えて、滑らかな山形に整っています。
   DSC02140.jpg
軽くではありますが、指板のエッジもやすりをかけました。
   DSC02155.jpg
全体調整で施工するほどに面取りは行っていませんので、ノイズが気になるなどが今後出てきた際に全体調整でお預かり出来ると良いですね。

ブリッジもサドルを一度外して埃を取り除きつつ、組み直しました。
   DSC02154.jpg
手垢などが落ちて奇麗になると、照明の反射もより艶が増しますね。
   DSC02152.jpg
またこれからもガンガン使って下さいね!


フレット擦り合わせ 10000円
エリクサー 10-46弦 1470円

合計11470円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック