機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
LINE6 VARIAX用SUPPLY BOXの作成
今回はちょっと特殊な依頼なのですが、LINE6社のVARIAXというモデリングギター&ベースがありまして。
   34229.jpg
今回はこのベースのオーナーからの依頼でした。

12種類の楽器をチョイスしつつ、更に細かい設定も行える便利なベースです。
   VBass1.jpg
それにはこの写真のような電源供給が出来るSUPPLY BOXが付属しています。
   DV019_Jpg_Regular_511671_switchbox_V.jpg
しかし、このボックスを手放してしまったそうで、動作させるには同社のPOD経由か、あっという間に消費する電池の2択だったそうです。

そこで「Studio GREAMでこのボックス的な物を作れないか?」とのご相談をいただきまして…

電源回路の保護などを色々盛り込みつつデザインし、部品を揃えて作成開始。
   IMG_0305.jpg
ルックスもお任せという事でしたので…
梅雨時期の鬱陶しい空気を払ってくれるような、爽やかなブルーに塗ってみました。
   IMG_0329.jpg

内部にはStudio GREAMオリジナルのパワーサプライを組み込みまして、9.8Vを安定して供給します。
   IMG_0330.jpg
インプットジャックからケーブルを抜くと、電源回路の遮断とアウトプットをミュートする機能も盛り込みました。
代わりにシンプルで小型化するために、オリジナルのボックスには用意されている出力レベル切り替えやDIアウトは省きました。

アダプターも小型です。
   IMG_0332.jpg
サイズ比較のために写したプラグで大きさのイメージが出来るかと思います。

この写真には写っておりませんが、専用のステレオケーブル(信号伝送と電源供給を1本で行うため)も作成しております。


SUPPLY BOX for VARIAX作成 15000円
ステレオケーブル作成(5m) 5000円



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
お世話になりました(^-^)/

制作記事にある内容の他、弦交換、ジャックネジ取付、ボリュームポット補強、電池ボックス配線交換等、細部に渡り細やかな対応をしていただいての表示価格、大満足でした!
2013/06/27(木) 13:42:43 | URL | TECH4610 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック