機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
BOSSA OB-5の全体調整
国産ハンドメイドブランドのREAL BOSSA DESIGNが手掛けるオリジナル5弦ベース、OB-5の調整です。
   IMG_0373.jpg
重量バランスを考えられた造形、軽量な材を使用し、多弦ベースとしては驚異的な軽さと取り回しの良さ、そしてフラットなサウンドを響かせます。

ご自宅でのレコーディング用という使用用途だそうですが、使い込まれた手垢が指板には堆積していました。
   IMG_0375.jpg
フレットレベルは問題無い状態でしたので、汚れの除去と、指板エッジの面取りを重点的に行います。

ブリッジ付近にも汚れや埃が堆積していましたので、まずはクリーニングから始めます。
   IMG_0374.jpg
ちなみにこのピックアップカバーは、メイプル材から削り出して塗装されていました。
内部のクッションスポンジはヘタレてしまっていたので、シリコンゴムチューブをネジに取り付けてピックアップの上げ下げが出来るようにしておきました。

こちらはコントロールキャビティ。
専用のプリアンプ基板がマウントされていますが、今はこの基板は使われておらず、部品もレイアウトも変更になっているとの事。
   IMG_0376.jpg
ピックアップバランサーポットに消えないガリがあったので交換をしたかったのですが、製造元も部品をストックしておらず困りました…

結局、現在手に入る部品を使用して、基板の余分なスペースを削って納めました。
   IMG_0491.jpg
コイルの設置位置も僅かに変更しています。
   IMG_0493.jpg
その他、キャビティ内に貼られたアルミシールドテープで導通が切れてしまっている部分もありましたので、貼り直して補修しました。
キャビティ内を導電性の箱で包み込んでしまうように施工するのが重要です。

ナット溝は底面が荒れていたので溝を切り直し、外形形状も整えて磨きました。
   IMG_0497.jpg
ブラスナットは磨くとギラギラに輝くので気持ち良いですね。

指板やフレットのエッジも丁寧に面取りを行いました。
   IMG_0499.jpg
多弦ベースのネックを握り込んで弾く事は少ないとは思いますが、1弦側の面取りは指に当たる感触が変わるので大きな違いに感じます。
   IMG_0496.jpg
とても目の詰まった良質なエボニー指板です。

ブリッジのサドルは弦の跡がついて荒れてしまっていたので、全て磨いて滑らかな状態に仕上げました。
   IMG_0490.jpg
5弦はブリッジサドルに乗る部分が一段細いテーパーゲージを使用しているので、それ以外の弦だと弦高が大きく上がる事になりますので注意が必要な部分です。
   IMG_0495.jpg
全体にワックス掛けを行い完成!
   IMG_0494.jpg
細かい部分も手抜きせずにバランスを見ながらブラッシュアップする事で立ち上がりの早さや芯の太さは大きく変わります。

全体調整・ノイズ処理 16000円
バランサーポット 2100円
ステレオジャック 630円
基板加工 2000円

合計20730円でした。



このオーナー様のお話ではありませんが…時々あるお問い合わせなのですが、「調整に出せば必ず良くなる、まるで別の楽器になったかのように」と思われている方もいらっしゃいます。
Studio GREAMのリペアは「その楽器が持っているサウンドの100%に近付けている作業」であり120%にする魔法使いではありませんので、期待が膨らみ過ぎていると認識の差を感じる事がままあります。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック