機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
VooDoo Lab PEDAL POWER2 PLUSのモディファイ
巷には多数のパワーサプライがありますが、その中でも人気なVOODOO LABのPEDAL POWER2 PLUSのモディファイを行いました。
   DSC02332.jpg
以前は内部パーツもスルーホール部品を使用していたのですが、最近は大量生産のためか、表面実装部品に置き換わっています。
   DSC02333.jpg
回路を追いかけていくのが大変で、眼精疲労との戦いです。
   DSC02334.jpg

このサプライ、専用開発のトランスで8系統の独立出力を持っています。
その出力をそれぞれの回路ごとにブリッジダイオードとコンデンサで整流して、3端子レギュレーターで安定化して出力しているという構造です。
電圧は9Vほぼジャストなのですが、新品電池の元気なサウンドや、Studio GREAMサプライのサウンドには大きく劣る!との事でモディファイに出されました。
(オーナー様にはStudio GREAMの旧屋号時代に作成したパワーサプライも使用いただいております)

そして内部の抵抗を計算しつつ交換を行い、出力をおよそ9.8V程度になるように調整しました。
   IMG_0520.jpg
併せて整流用のコンデンサも容量アップで交換。
   IMG_0521.jpg
出力ジャック端子の裏側には個別にコンデンサを追加しました。
   DSC02336.jpg

無負荷状態での電圧測定を行い、記入しましたが…実際は負荷をつなぐとこの電圧より下がるので…エフェクターをつないで9.8Vぐらいで落ち着きます。
   IMG_0522.jpg
各端子で電圧が異なるのは部品の誤差によるものが大きいです。
   IMG_0523.jpg

外観では大きな違いはありませんが…今までと違う、張りのあるサウンドになるサプライに仕上がりました。
   IMG_0524.jpg

製造時期による基板の種類が違うと作業価格は前後しますが、22000円程度の改造費が必要になりますが、サウンドは大幅に抜けがよい状態に変わりますので、電源を侮ってはいけませんね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック