機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
COMBAT Te Warm Customのノイズ処理
国産ハンドメイドブランドとして名を馳せるCOMBAT社で作られたTe Warm Customのノイズ処理作業です。
   IMG_0656.jpg
当初、全体調整でお預かりする話もあったのですが、ネックやフレットなども手を加える必要がないぐらいしっかりしていたので、ノイズ処理のみのご提案をさせていただきました。

ボディトップやヘッドフェイスにはスプルース材が用いられて、落ち着いたアコースティックな雰囲気を醸し出しています。
   IMG_0660.jpg
マホガニーバック材の内部をくり抜き、厚めのスプルース材をアーチトップに削り出して蓋をする贅沢で手のかかった作り方です。
   IMG_0658.jpg
テールピースもローズウッド削り出し。
ボールエンド停め部分は真鍮材が使用されていました。これもハンドメイドですね。
   IMG_0657.jpg

コントロールキャビティの蓋も木材で削り出し。
   IMG_0661.jpg
かなり厚めに加工され、落とし込みされていました。

COMBATギターのセットネックジョイントはいつ見ても素晴らしい仕上げですね。
   IMG_0662.jpg
まるでスルーネックのようなスムーズな加工でありつつ、接触面積を広く取ったジョイントだと思います。

コントロールキャビティの蓋を開けると…隅々まで(蓋の裏側まで)炭素系導電塗料が塗られていました。
   IMG_0663.jpg
部品もしっかりしたものが使用されていましたので、導電塗料を塗り直しつつ配線の取り回しを改善していきます。

このギターはそもそも「演奏に支障が出るぐらい大きなノイズが出るので何とかしたい」との事で持ち込まれたのですが、よく見るとテールピースの真鍮へのハンダ付けが外れてしまっており、弦アースが取られていない状態でした。
   IMG_0664.jpg
ハンダや配線がしっかり収まるように少しやすりを掛けて取り付けました。

ピックアップを取り外し…
   IMG_0665.jpg
コントロールアッセンブリも外して、いつものように導電塗料を塗ります。
   IMG_0666.jpg
↑まだ最初から塗られていた炭素系導電塗料を削り落す前の写真ですね。

導電塗料を塗ったら、乾燥待ちの間にピックアップのシールディングも行います。
   IMG_0667.jpg

乾燥後に組み立てます。
   IMG_0668.jpg
各端子穴へは差し込んでハンダで固定する取り付け方をされていたので、全ての配線をしっかりと絡げてハンダでその状態をキープする確実な取り付けに変更しました。

全体的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_0669.jpg
当初より大きくノイズは減りましたが、ピックアップがシングルコイル構造のため、トランスや蛍光灯の近くではどうしてもハムノイズを拾います。
今後もそのノイズが気になるようであればピックアップ交換を検討する事になるでしょう。

ノイズ処理一式 8000円
ブリッジアース修理・ピックアップシールディング 2000円

合計10000円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック