機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN OPB51/PRDの全体調整
熊本の熟女ガールズロックバンドV-zoneのベーシスト様より、見た目にもインパクト大な、FENDER JAPAN OPB51/PRDの全体調整依頼をいただきました。
   IMG_0968.jpg
ペイズリーレッドというカラーでして、ペイズリー柄のシートを貼った上からクリア塗装で塗り込めてあります。

蛍光塗料が塗られた弦が張られていたので、ステージではかなり目立つでしょう。
   IMG_0970.jpg
指板エッジはかなり角張っていたので、ここは面取りを行っていきます。

弦裏通し式のブリッジはオクターブ調整がシビアには出来ないタイプですが、今回はピッチ面での希望もありましたので、出来る限りバランスを取った妥協点を探して調整を行います。
   IMG_0969.jpg
ブリッジ交換を行うと問題解決は早いのですが…
新たなネジ穴を開ける必要があり、元に戻せない状態になるので今後の検討材料として説明だけさせていただきました。

弾いていない時でも目立つジーツ!というノイズが出るので、何とかしたい!と持ち込まれまして…
   IMG_0971.jpg
ノイズ処理はされていませんし、ポットのナットも緩んでいてグラウンドが浮きかけていましたので、導電塗料を塗りつつ全ての配線はやり直していきます。

ピックアップはシングルコイルなので、ハムノイズは拾い易いのですが、このコイルにもシールディングを施しておきましょう。
   IMG_0972.jpg

ピックアップを外してみると、やけにコイル部分が肉厚。
   IMG_0973.jpg
コイル脇に親指を置く事があり、ボビンとの段差を無くすようにテープを巻いてあるとの事。

かなりの巻き数を巻いてありましたが、一度外してオリジナルの状態に戻りました。
   IMG_0974.jpg
この黒いタコ糸も外して、アセテートテープでコイルを保護した後に、銅箔テープでシールディングしました。

ピックアップとコントロールプレートまでの長穴内には導電塗料をしっかりと塗る事は困難なので、ピックアップのリード線をシールド線に変更しました。
   IMG_0975.jpg
更にアセテートテープをグルグル巻きにしてボビンとの段差が同じになるように調整しています。
アルニコマグネットであるポールピースには導電塗料を塗ってグラウンドへ接続して更なるノイズ対策を施しています。

導電塗料を塗って、アースラグでグラウンドへ確実に接続した上で、コントロールプレートの配線もしっかり完了。
   IMG_0976.jpg
ポットを固定するナットが緩んでもグラウンドが浮かないように、極太の単線で接続。

一般的な弦ならば、弦を触っているとノイズは減るのですが、今回のようなコーティング弦の場合はその効果が期待できません(長寿命で人気のエリクサー弦も同様です)ので、コイル脇にグラウンドへ接続した銅箔テープを引き出しておきました。
   IMG_0979.jpg
このテープに右手親指が触れている時は、弦アースと同様のノイズ低減効果が得られるようになっています。

指板エッジやフレットエッジは面取りを行いまして、柔らかい握り心地になっています。
   IMG_0977.jpg
メイプル指板の面取りは塗装も削る事になるので、施工すぐは白っぽい色合いになるのですが、徐々に色焼けして馴染んでいきます。
   IMG_0981.jpg
ブリッジも高さやオクターブをシビアに合わせて、各弦の良いサウンドが得られるように調整しました。
   IMG_0980.jpg
最後にワックス掛けをしっかり行って完成です!
   IMG_0978.jpg
当初目立っていたシングルコイルのノイズは殆ど無くなり、パワフルな存在感のあるベースサウンドになりました。
V-zoneのステージで活躍する日が来る事を楽しみにしております。

交換部品はありませんでしたので全体調整・ノイズ処理(ベース) 16000円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック