機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN JB62の全体調整・ノイズ処理
今回は熊本を拠点に精力的に活動するシンガーソングライター兼ギタリストの丸田裕也さんより、FENDER JAPAN JB62の全体調整・ノイズ処理のご依頼をいただきました。

   IMG_1211.jpg
金属パーツに錆やくすみ、全体的な汚れなどはありますが、比較的良いコンディションを保っています。

ナット溝は少し高く、1フレット押弦時には半音よりちょっと高いピッチになっていたので、溝切り調整を行います。
   IMG_1216.jpg
弦高が驚くほど高い!!
   IMG_1215.jpg
ネック順ぞりと、ブリッジサドル高さが高過ぎる状態でした。

コントロールプレートやブリッジプレートなど金属パーツは汚れが目立ちました。
   IMG_1214.jpg
ブリッジサドルもくすんでいるので、一度バラして磨いてから組み直します。
   IMG_1213.jpg
全体的にクロームメッキクリーナーで磨きつつコーティングしておきました。

こちらはオリジナルの配線状態。
   IMG_1217.jpg
ジャックのガリは酷くて要交換ですね。
ヴォリュームポットなどのナットが緩むとグラウンドが外れてノイズが出る、特有の悪癖までコピーされています。
全体調整とノイズ処理なので、ひとまず部品を全て外します。
   IMG_1220.jpg
キャビティ内の塗料は削り落してから導電塗料を塗っていきます。

塗料の乾燥までの間にグラウンド線をつないだり…
   IMG_1222.jpg
アッセンブリを組み直しました。
   IMG_1221.jpg
太いOFC単線によるグラウンド接続と、テフロン被覆の太めのワイヤーをチョイスしています。

ナット溝を調整したのちに外形を整えて、弦の上半分程度が露出するようなサイズに仕上げています。
   IMG_1227.jpg
指板やフレットのエッジは面取りを行って滑らかな握り心地に。
   IMG_1226.jpg
この作業は皆様に好評ですね。

ブリッジも磨いて組み直しつつ、高さの調整を行いました。
   IMG_1225.jpg
ピックガードも含めてワックス掛けを行っているので、とても奇麗になりました。
   IMG_1224.jpg
肝心のサウンドも、ぼやけた感じが無くなり芯のあるサウンドになったと思います。
ボルトオンの楽器はネックジョイントやナット、ブリッジの調整で大きくサウンドが変わりますね。

全体調整・ノイズ処理(ベース) 16000円
MONOジャック 420円
WARWICK ステンレス弦(45-105) 1575円

合計17995円でした。

今後の新作レコーディングでこのベースが使用されるかもしれませんので、楽しみです。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック