機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
ZEN-ON Classic Guitar(Abe Gut 63S)のナット&サドル交換
今回は全体写真を撮り忘れているのですが、ZEN-ON Classic Guitar(Abe Gut 63S)のナット&サドル交換です。
   IMG_1244.jpg
学校の教材や、初心者向けの用途で製造されたのだと思いますが…
買い替えの提案もさせていただきましたが、「今はこれを直して使いたい。もう少し上達したら買い替えます」との希望でしたので、破損したナットとサドルを作成していきます。

上から順にサドル、ナット枕(スペーサー)、ナットです。
   画像 001
弦高が高くてサドルには溝切りで弦高を下げた感があります。
ナットは裏返すと弦間ピッチが狭くなるリバーシブル形状でした。

ひとまず全て取り外した後で、残っている接着剤などを除去して平面を出します。
   IMG_1242.jpg
ナット枕部分ごとナット素材で削り出そうと考えましたが、あまりに材料が多くなってしまうので、枕も指板と同じローズウッド材で作成する事にしました。
   IMG_1246.jpg
少しずつ削って寸法を合わせた後に、枕はネック材に接着しました。
   IMG_1247.jpg
この時点で面取りや磨きも行っていますね。
   IMG_1250.jpg
こうやって出来た溝に、ナット材を納めます。
   IMG_1259.jpg
定番の人工象牙素材であるTUSQを削り出してフィットさせました。
この状態では弦溝も切ってありますが、最終的な深さは弦を張ってから微調整を行います。

次にサドル作成です。
   IMG_1243.jpg
一般的にはサドルは差し込んであるだけなのですが、このギターはボンドで接着されていました。
サドル溝の底面にボンドが残っていると平面が崩れますので、しっかりとボンドは除去しておきます。

こちらもまたTUSQをブランク材から削り出しました。
   IMG_1260.jpg
弦が乗る面には、ほんの僅かにRが付くように加工しています。
   IMG_1261.jpg
最後に新しい弦を張って、弦高を微調整して完成です。

内部ブレイシングに剥がれが起きていたり、ネックも僅かに起きていたりとコンディションはとても良いとは言えない状態でしたが、愛着があるようでしたら可能な限り修理や調整で対応しております。

ナット作成(クラシックギター) 6000円
ナット枕作成 3000円
サドル作成 6000円
AUGUSTINE BLACK(ノーマルテンション) 1050円

合計16050円でした。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック