機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN ST72-xxのフレット擦り合わせ・ナット交換
今回はかなり使い込んだ風格のあるFENDER JAPAN ST72-xxのフレット擦り合わせとナット交換です。
   IMG_1508.jpg
使用によってついたであろう傷や塗装剥がれがボディ全体に点在し、とても雰囲気のある状態になっています。
   IMG_1512.jpg
弦高がバラバラでしたので、確認してみると…
   IMG_1509.jpg
ブリッジサドルの傾きもバラバラ…要調整ですね。
(調整後の写真は撮り忘れましたが、正しくアーチを描くような状態になっています)

そしてパッと見で違和感のあるこのナット。
   IMG_1510.jpg
以前に友人に交換を頼んだところ、このようになって返ってきたとか。

GIBSON系のギターに使われるプラスチック素材のナットを無理やり削って接着剤で止めてありました。
   IMG_1511.jpg
FENDERのナット溝はR付きなのですが、そのRもざっくりと荒削り状態で…これでは振動も逃げちゃいますね。
   IMG_1513.jpg
ナットを外した後の溝には接着剤がべったりで、まずは溝のクリーニングから始まりました。

そして音詰まりがあるという事で持ち込まれたギターですが、フレット減りとネック逆ぞり、ナット不具合のコンボでしたので、フレット擦り合わせも併せて行う事になりました。
   IMG_1514.jpg
ローポジション↑
ミドルポジション↓
   IMG_1515.jpg


削り粉まみれのため作業途中写真は残っていないのですが、ナット交換とフレット擦り合わせ作業後の状態です。
   IMG_1517.jpg
TUSQ素材を用いて、溝底面のRもしっかり合うように削り出してフィッティングさせました。

フレットも徹底的に磨いてありますので、滑らかな艶と手触りが戻っています。
   IMG_1518.jpg
問題の音詰まりも解消され、とても気持ちよく弾ける状態に生まれ変わりました。
   IMG_1516.jpg
フレットの大幅な減りは無かったので、削る量は少量で済み、明らかに低くなった感は感じずに症状の改善が出来たと思います。

フレット擦り合わせ 10000円
ナット交換 5000円
エリクサー弦(09-46) 1470円

合計16470円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック