機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Gibson Custom Shop Historic Collection 1963 ES-335 Faded Cherryの全体調整
今回は満を持してGibson Custom Shopからリリースされた、Historic Collection 1963 ES-335 Faded Cherryの全体調整です。
   IMG_1544.jpg
ノーマル状態でも凄く良い雰囲気とサウンドを持っていたギターですが、「もう少しノイズ減らせないか?」との事で持ち込まれました。

59スタイルのミッキーマウス型のミミではなく、この当時は蟹のハサミのような尖った形状が特徴です。
   IMG_1545.jpg
デルリンナットのエッジは角張っていたので、ここはいつものように面取りをしておきましょう。
   IMG_1547.jpg
テールピースのエッジ形状や、ナイロンサドルの採用などより当時のスペックを再現しています。
   IMG_1546.jpg
ナイロンサドルは弦のテンションで潰れて変形するので、弦高調整が上手くいかない事も多く、個人的にはあまり好きではありません。
(簡単に交換できる部品ではあります)

ES-335はデビュー時期はセンターブロックがしっかりと通ったソリッドボディに近い形状でしたが、年数が進むにつれてピックアップ下のブロックが大きく削り取られ、ホローボディに近い構造になっていきます。
   IMG_1548.jpg
電装部品の出し入れをこの開口部分から行うので作業性は良いのですが、そのサウンドはアコースティック的な響きの強まったサウンドで、59年スタイルとはまた違ったキャラクターになりますね。

作業後の写真を撮り忘れてしまった失態をしたのですが、このピックアップキャビティにもしっかりと導電塗料を塗って、アースラグでグラウンドへ接続しています。
   IMG_1549.jpg
カバードハムバッカーなので、元々ノイズシールド効果は高いのですが、配線も含めて念には念をのノイズ処理です。

こちらは抜き出した純正のアッセンブリ。
   IMG_1550.jpg
特盛りに盛られたハンダは全て取り除いて、シールド効果の高い配線材でワイヤリングをやり直します。
   IMG_1551.jpg
ワイヤリングを終えたアッセンブリ。
   IMG_1552.jpg
配線材はBELDENのアルミラップシールド線を使用し、ほぼ100%に近い外来ノイズからのシールド効果を発揮します。
コンデンサのワイヤリングはオリジナルとは変更していますが、59ワイヤリングと呼ばれる方式になっています。

いつものごとく、組み込み時は超集中の戦場なので、写真は完成後のみになります。
この組み込み作業中にご来店されたお客様は、私が鬼の形相で取りかかっている姿を目にするでしょう(笑)
   IMG_1553.jpg
バラしてみて、細部までしっかりと作られた良いギターだなぁという印象を受けました。
更にノイズが減って、ピッチも安定したこのギターで新たなプレイをしていただける事を切に願っております。

全体調整・ノイズ処理 15000円
セミアコ・フルアコ(Fホール付き)アップチャージ 5000円
エリクサー弦 (10-46) 1470円

合計21470円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック