機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
WARWICK Thumb Bassの全体調整・ノイズ処理
今回はかなり初期の、手作り感が満載の頃のWARWICK Thumb Bassの全体調整・ノイズ処理です。
   IMG_1686.jpg
材がとにかく良い!ネックは全然反りも捩れも出ず、強靭なコンディションを30年以上に渡って保っています。
   IMG_1690.jpg
ヘッドのペグナットは緩むので定期的に締める部分なのですが、一般的な工具は入りません…
工場ではどうやって締めていたのでしょう…
   IMG_1691.jpg
ウェンジ指板は若干の減りが見受けられましたが派手な木目も良いですし、その硬度は指板材に適した素材だと思います。
   IMG_1689.jpg
コントロールはマスターVOL.、ピックアップバランサー、トレブル/ベースのイコライザーです。
   IMG_1688.jpg
このポットはガリも出るし、ノブもなかなか無いしなので、メンテナンスと同時に部品交換を行います。
細く頼りない配線材でワイヤリングされていましたので、少し線の太さを上げて組み直していきます。
   IMG_1692.jpg
キャビティ内を手作業で削られてネジが打たれていましたが…
   IMG_1693.jpg
この配線はバッテリーなどの+ラインでした。
周囲は導電塗料でグラウンドに接続されている訳ですかし、この付け方はちょっと無しだと思います。

いつものようにマスキングを施して、導電塗料を塗り込みます。
  IMG_1694.jpg
コントロールキャビティ内にもしっかり塗り込んでノイズに対するシールドを施します。
   IMG_1695.jpg
バッテリースナップは丈夫な物に交換しつつ、赤黒の線は撚り合わせておきます。
   IMG_1696.jpg
アッセンブリの組み込みが完了した状態。
   IMG_1697.jpg
ポット、ジャックなど消耗部品は保険も兼ねて全て交換しつつ、新たに配線を奇麗に取り回しました。
キャビティ内の導電塗料や裏蓋の銅箔シールドが確実にグラウンドへ接続される事でノイズシールド効果が得られるので、このようにしっかりとした接続は欠かせません。
   IMG_1698.jpg
真鍮製の、溝高さ調整が可能なナットは座りが悪いようにも見えますが、確認してみたら意外にもしっかりと取り付けされていました。
   IMG_1704.jpg
しっかり磨いてくすみを落とし、金色を復活させました。

指板エッジやフレットエッジは使用に伴って自然に面取りがされた状態だったので、各ポジションで面取り差が無いようなバランス取り程度にしています。
   IMG_1703.jpg
ブリッジもバラして磨いて、可動部にはべた付かないようにグリスアップして組み直しました、
   IMG_1700.jpg
もう2mmほどブリッジを落とし込み出来るとベッタベタの弦高まで下がるのですが、切削の必要があるので今回は見送りました。

コントロールノブは二段積みだけ新品で用意しましたが、残りふたつは再利用です。
   IMG_1701.jpg
オイルフィニッシュなので、全体的にまんべんなくオイルを擦り込んでは磨きを繰り返して完成です。
   IMG_1699.jpg
EMG臭さと揶揄される感じは無く、はっきりとした硬質なサウンドも、バンドを下からどっしりと支える主張しないサウンドまで幅広いキャラクターだったのは驚きでした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック