機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FNDER USA HIGHWAY ONE STRATOCASTER HSSの全体調整
今回は熊本で活動するバンドne-co...のギタリスト様よりご依頼いただいたFNDER USA HIGHWAY ONE STRATOCASTER HSSの全体調整です。

毎週のようにライブを行っているとの事で、なかなかメンテナンスにお預かり出来る時間が取れず、また交換部品の取り寄せにも時間がかかり…
   IMG_1881.jpg
一度見せていただいて、必要な部品を調べて発注し、部品が届いたところでギターをお預かりして即作業に取り掛かるという流れで納期に間に合わせました。
(それでもライブの前日にギリギリ納品)

ラージヘッドスタイルが特徴的ですが、様々な時代の特徴がミックスされた現代的なギターです。
   IMG_1884.jpg
ナットは1&6弦側が高い不格好な状態でしたので、削って整形を行いましょう。
   IMG_1885.jpg
指板エッジは工場出荷時より既に若干丸められているのですが、フレット擦り合わせも同時に行うため、併せてフレットと指板エッジの面取りも行います。
   IMG_1886.jpg
ヴィンテージスタイルのプレスサドルは錆が酷くて回らないネジもありましたし、安定性の面でスティールのキャストサドルへ変更する事になりました。
   IMG_1882.jpg
コントロールはスタンダードなスタイルから変更し、オーナーの希望に合わせたカスタムワイヤリングを行います。
   IMG_1883.jpg
ピックガードを開けてみましたところ、配線はぐちゃっと詰め込まれ、今まで何度かハンダ付け作業を行われた感がありました。
   IMG_1887.jpg
各ポットの背中が黒い配線でつながれていた点は最低限OKといった感じです。
   IMG_1888.jpg
キャビティ内には菊ワッシャーが落ちていました。
以前に何か作業を行った時に忘れたのでしょうか?
   IMG_1889.jpg
一歩間違えるとショートの原因にもなるのでこういう忘れ物は絶対ダメです。

今回はリアのハムバッカーをRailhammer Pickupsの中でもハイゲインサウンドのAnvilという物に交換すべく、お持込みいただきました。
   IMG_1890.jpg
ピックガードの開口形状がオープンハムバッカー専用になっていたので、カバードに合うようにピックガードを削って、マウントネジ穴も新たに開ける必要がありました。

ササッと導電塗料を塗ってアースラグを接続。ブログでは何度も登場するいつもの作業ですね。
   IMG_1891.jpg
ピックガード裏側にはアルミテープを貼り込み、配線完了。
   IMG_1893.jpg
全ての電装部品はこのタイミングで全て新品に交換しました。
ブリッジサドルもブロック状の物に交換されています。

ピックアップも交換して弦を張りました。
   IMG_1895.jpg
低音弦の音像がボヤケないので、歪ませて刻むようなリフを弾いててもしっかりと音が立ちますね。

コントロールは特徴的な内容になっています。
   IMG_1897.jpg
右側からハムバッカーヴォリューム、シングルコイルヴォリューム、マスタートーンとなっています。
レバースイッチはフロントとセンターのシングルコイルを切り替える3wayで、ミニトグルスイッチはハムバッカー回路とシングルコイル回路を切り替える役割です。

ブリッジサドルはキャストタイプの方が弦の横ズレも少なくて良いと思うのですが、サウンド的には倍音が減ってタイトな方向に変化しますね。
   IMG_1896.jpg
サドルのイモネジが飛び出さないので、激しいピッキングでもネジで手を切る危険性は減ります。

ナットの溝切りと外形を整えて磨きました。
   IMG_1899.jpg
擦り減っていたフレットも、擦り合わせによってレベルが揃い、弦高を下げても音詰まりし難いコンディションに戻りました。
   IMG_1898.jpg
全体的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_1894.jpg
見た目はハムバッカーが乗ったストラトですが、中身はオーナーが求める操作性を具現化したライブギアに生まれ変わりました。
これからもライブで音源で活躍してくれることでしょう。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック