機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
HIWATT LEAD50のメンテナンス
今回は旧屋号の頃からのお付き合いさせていただいているギタリストで、関東でMARIというバンドで活動するN様より、HIWATT LEAD50のメンテナンス依頼をいただきました。
   IMG_1957.jpg
1980年代のアンプですがまだまだ現役!ぶっといクリーン~クランチトーンが気持ち良いです。

EL34管2本を使用した50W出力のオールチューブアンプです。
   IMG_1958.jpg
インプットジャックの接触不良、プレゼンスポットが効かない、動作不安定との事でお預かりしました。
   IMG_1959.jpg
内部はとってもシンプルで回路も追いかけ易いです。
ポットがひとつ異なった形状の物に交換された形跡があります。

インプットジャックにはREANの物が使用されていましたが、端子の酸化により接触不良が起きていましたので交換します。
   IMG_1961.jpg
この写真では右から2番目にあるプレゼンスポットは内部でワイパー端子浮きと共に基板パターン剥がれも起きており、回路から浮いてしまった状態でした。
   IMG_1960.jpg
併せてチェックしていると、右端のマスターヴォリュームも破損寸前でしたので、この機会に交換してしまう事にしました。

ジャックは基板直付けタイプが入手出来なかったのでCLIFF製のハンダラグ端子の物にワイヤーを付けて交換。
   IMG_1998.jpg
グラつきなどはありません。
ポットも基板直付けで希望抵抗値は簡単に手には入らなかったので、ワイヤーで接続する方式に変更しました。
   IMG_1997.jpg
部品自体の耐久性は高い物を使用しています。

部品を交換して動作チェックをしているとパワー管がやけに赤熱するのでおかしいなと各部電圧測定をしてみるとバイアス電圧が大幅に浅い!
危うく真空管が壊れるところでしたので、しっかりとバイアスを調整して完了です。

そして、このアンプは2チャンネル構造なのですが、リードチャンネルは殆ど使用していないとの事でした。
しかしフットスイッチを接続しない状態ではリードチャンネルがチョイスされる構造でしたので、プラグを内部ショートさせてクリーンチャンネル固定にする部品を作成しました。
   IMG_1999.jpg
フットスイッチを使ってチャンネル切り替えがしたければプラグを抜いてフットスイッチを接続すれば良い状態になっています。

これからのバンド活動でまた活躍してくれると良いですね。
経年で緩くなっているプリ管ソケットも次回のメンテナンス時には交換してしまうのも手ですので、その際はまたご相談下さい。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック