機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GIBSON FLYING Vの全体調整・他
今回はGIBSON FLYING Vの全体調整・他の作業です。
   IMG_1760.jpg
いわゆる67年スタイルのVです。

このVのコントロールレイアウトでセレクタースイッチの位置が使いにくいとの事で、今回はスイッチの位置も変更します。、
   IMG_1762.jpg
指板エッジは丸く無く角張った印象なので、定番の面取りを行っていきます。
   IMG_1761.jpg
ヘッドのペグ交換も行いますし、全体的なイメージを大幅に変更する事になりました。
   IMG_1763.jpg
ピックガードを外してみると…
   IMG_1764.jpg
筆でさっと擦り付けたように導電塗料が塗られていましたが、全くグラウンドに接続されていないという…適当な仕事ぶり。
   IMG_1765.jpg

ガラッと印象を変える仕上がりにしたかったのと、コントロールレイアウトの変更もあったので、ピックガードも作成する事になりまして…
   IMG_1782.jpg
ピックガードを作成後に配線まで済ませた状態。
   IMG_1781.jpg
ボリュームやセレクタースイッチなど各部品の配置間隔は変更せず、位置だけ入れ替えた状態で開口しています。

ボディ側は部品位置が変更になった事により、当たる部分を含めて若干の切削加工を行い、導電塗料も塗布してノイズ対策は完璧!
   IMG_1783.jpg

そして作成したピックガードは何と!
   IMG_1786.jpg
ブラックの3プライです。
探すと既製品が全然見つからなくて、結局新規で作る事になりました。
ワンポイントになるラインテープは、オーナーが探して持ち込まれた物をStudio GREAMで貼っています。
   IMG_1788.jpg
コントロールのレイアウト変更と共に、ノブもメタルドームノブに変更しました。
   IMG_1787.jpg
ブラックにシルバーはとても締まりますね!

指板やフレットのエッジも面取りを行い、柔らかな握り心地になっています。
   IMG_1789.jpg
そしてヘッドの作業で、このペグは思いのほかすぐガタが出て、チューニングが安定しなくなる事が多いです。
   IMG_1954.jpg
今回はロック式ペグに交換してしまいましょう!という事でペグをオーダーして、取り付けました。
   IMG_1955.jpg
元々のネジ穴はどうしても見えてしまいますし、若干の穴位置のずれもあるので一度全て埋めてから必要な穴を開け直しています。
ボタンは金属製のキーストンタイプをオーナーの希望でチョイスしました。

ピックガード作成時にトラスロッドカバーも作成していまして、GIBSONロゴはカッティングシートをプロッターで切ってもらい貼り付けています。
   IMG_1956.jpg
メタリックな光沢のシルバーで、金属パーツとのマッチングも良いですね。

心配したヘッド落ちも感じること無く、激減したノイズで激しく歪ませても芯があり抜けるサウンドになったと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック