機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER USA AMERICAN VINTAGE SERIES 1962JAZZMASTERの全体調整
今回はFENDER USA AMERICAN VINTAGE SERIES 1962JAZZMASTERの全体調整です。
   IMG_2259.jpg
しっかりと使い込みつつ、大事に育てられている事が解ります。

ブリッジはムスタング用のバレルタイプサドルに交換され、弦の横ズレを防ぐと共に、バズストップバーも取り付けられていました。
   IMG_2261.jpg
指板エッジはアメリカンヴィンテージシリーズの定番量な面取りですが、もう少し追加したいですね。
   IMG_2262.jpg
フレットは部分的に減り、ハイポジションではチョ-キングにより平らにすり減っていました。
   IMG_2268.jpg
今回は全体調整と共にフレットの擦り合わせも行って快適なコンディションに持っていきます。
   IMG_2269.jpg
部分的にへこんだフレット頂点↑
フレットの頂点が平らに減っているハイポジション↓
   IMG_2267.jpg
ピックガードを開けると、真鍮板をプレス加工したシールドが搭載されていました。
   IMG_2263.jpg
この真鍮板とボディの隙間などで細かいビビリ音が発生してハウリングにつながったりするので、撤去して導電塗料に切り替えます。
   IMG_2264.jpg
コントロールキャビティの真鍮板を外してみると、弦アース配線が何となく入れられていましたが、しっかり接続はされておらず危ない状態でした。
   IMG_2265.jpg
導電塗料を塗るために内部の塗装を落としてマスキングを行います。
   IMG_2266.jpg
導電塗料を塗ってグラウンド配線をしっかり行っておきました。
   IMG_2274.jpg
ピックアップ下の真鍮板はボディに向かってスポンジで押し付けられるのでビビリ音の影響も少ないのでハンダポイントとして再利用しました。

ピックアップコイルはいつものように側面に銅箔テープによるシールドを行っていますが、上部への面積が大きいため、ポールピースを避けたボビン上部は同じくシールドしました。
(底側は導電塗料や真鍮板によるシールドが得られます)
   IMG_2273.jpg
アッセンブリのワイヤリングにはBELDEN8503を主に使用し、グラウンド線と信号線をツイストして配線しています。
   IMG_2275.jpg
プリセットコントロール部分も配線をし直しています。
   IMG_2276.jpg
フレット擦り合わせも完了して指板も磨いて滑らかな手触りになりました。
   IMG_2278.jpg
作業中は粉まみれのため、また写真はありません(笑)
指板エッジもお預かり時と比べると少し追加で丸めてあります。
   IMG_2277.jpg
全体的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_2279.jpg
お預かり時よりも弦高を下げつつ音詰まりも解消されて、とってもローノイズ!なギターになりました。
またこれからもフレットがすり減るぐらいに沢山弾いていっていただきたいですね。


全体調整・ノイズ処理 15000円
フレット擦り合わせ 10000円
モノラルジャック 400円

合計25400円(税別)でした。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック