機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Rock'n Roller(GRECO) RIC4001 TYPEの全体調整
今回は懐かしくも、今も根強い人気を誇るRock'n Roller(GRECO製) RIC4001 TYPEの全体調整です。
   IMG_2289.jpg
パッと見るとリッケンバッカーの4001のようなルックスですが、細かいところには相違点が見られます。
   IMG_2292.jpg
トラスロッドカバーも本家とそっくりなデザインでRock'n Rollerになっています。

ナット溝は強烈に高過ぎたため、正しい深さまで溝切りを行います。
   IMG_2293.jpg
ネック捩れとフレット減りにより弦高をかなり上げないと音詰まりが出る状態でしたので、今回はフレット擦り合わせにてレベルを合わせます。
次回はフレット交換と共に指板修正を行う事になるでしょう。
   IMG_2291.jpg
汚れて艶の無くなった金属パーツは、一度バラして可能な限りクリーニングを行います。
   IMG_2290.jpg
オリジナルはスルーネック構造ですが、このベースはボルト止め構造になっていました。
   IMG_2294.jpg
既にジャックプレートを取り付けるネジを止めてしまっていますが、お預かり時はこのネジ紛失によりガムテープでボディに留められていました。
   IMG_2295.jpg
ガムテープの糊跡は奇麗に除去します。

パーツを全て外して、ノイズ処理の準備に取り掛かります。
   IMG_2296.jpg
ネックジョイント部分はポケット内部のかさ上げと共に平面出しなどを行い、タイトにジョイントするようにしました。
   IMG_2297.jpg
リアピックアップキャビティは埃まみれでしたので、しっかりとクリーニングを行って導電塗料を塗り込みます。
   IMG_2298.jpg
コントロールキャビティ内には炭素系の導電塗料が塗られていたのですが、中途半端だしグラウンドには接続されて無いしで、全くもって無意味でしたので…
これも一度削り落してから、新たに塗り直します。
   IMG_2299.jpg
こちらは取り外したアッセンブリ。
   IMG_2301.jpg
今にもちぎれてしまいそうな危うい配線箇所が多々ありました。

導電塗料を塗って、乾燥後にブリッジパーツなどを組み付け。
   IMG_2302.jpg
新たに組み直したアッセンブリ。
   IMG_2303.jpg
ピックガード裏側のノイズシールドテープや、ポット間のグラウンドをつなぐAWG16のOFC線など、いつものスペックです。

指板エッジは角張り、フレットは摩耗したネックです。
   IMG_2300.jpg
フレット擦り合わせとエッジ面取りを施して蘇りました。
   IMG_2307.jpg
判りにくいかもしれませんが、当初よりは弦高が大きく下がっています。
   IMG_2310.jpg
黒色は傷も打痕も目立つので、全体的に念入りに磨いてワックスをかけました。
   IMG_2309.jpg
当初のくすんだ艶よりは見栄えも良くなったと思います。
錆びて潰れたネジも多々あったので、この際殆ど全てのネジをステンレスに交換しています。

全体調整・ノイズ処理(ベース) 16000円
フレット擦り合わせ 10000円
MONOジャック 400円
ダダリオ 45-105ニッケルワウンド弦 2000円
ステンレスネジセット 1000円

合計29400円でした。

これからリハーサルで、ステージで、バリバリ弾き倒してくれると良いなと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック