機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN JG66の全体調整
今回もFENDER JAPAN JG66の全体調整です。
JG66は今までも何本も入ってきているのですが、今回はまた大幅な改造を行います。
   IMG_2336.jpg
全体的に使用感が満載のくたびれた状態でした。
   IMG_2342.jpg
クロームメッキされた金属パーツはすすけてしまっていますので、可能な限り磨いて奇麗にしましょう。
   IMG_2340.jpg
お預かりした時点でプリセットコントロールは配線が既に外されていて、ダミーになっていました。
   IMG_2341.jpg
フレットや指板エッジはフェンダージャパンではお決まりの面取り量なのですが、角張っていると感じますので面取りを行っていきます。
   IMG_2339.jpg
ブリッジはムスタングの物に交換されており、かつバズストップバーも追加されて弦の横ズレを極力防ぐようになっていました。
   IMG_2338.jpg
しかしバラしてみてびっくり!
   IMG_2346.jpg
サドルの高さを調整するためにカッターの刃が敷かれていました…凄い事する人もいるもんだ。

導電塗料を塗るためにひとまずバラしていきます。
   IMG_2343.jpg
ポットも交換されて、トーンはカットされ…配線はイモハンダでしたし仕様も変更するので全て取り外します。
   IMG_2345.jpg
あっという間にワックス掛けと導電塗料塗布は済ませた状態です。
   IMG_2347.jpg
コントロールプレートには穴をひとつ追加して、2ヴォリューム&1トーン仕様に変更。
   IMG_2348.jpg
そのため小型のポットを使用して詰め込んでいます。

音詰まりするくらいにすり減ったフレットは、擦り合わせを行います。
   IMG_2349.jpg
エッジ面取りと共に、擦り合わせも完了しました。
   IMG_2358.jpg
フレットもピカピカになるまで磨いています。
   IMG_2359.jpg
そしてピックアップセレクターはレスポールのようなトグルスイッチに変更するため、イケベ楽器から販売されているプレートを手配して交換しています。
   IMG_2356.jpg
スライドスイッチはオリジナルのローカットスイッチ用ですが、今回はスイッチを取り付けて配線はしないダミー状態にしてあります。

ノブは当然このメタルドームノブですね、ここまで来たら。
   IMG_2357.jpg
そう、カート・コバーンのジャガーに似せた仕様にとの希望でした。

今後、ハムバッカー搭載のためにボディやピックガードの加工を行うかもしれませんが、ひとまずはこれで納品となりました。
   IMG_2355.jpg
裏に貼られていたシール類も全て奇麗に剥がしてあります。
普段、レスポールを使用されている方でしたので、仕上がり後もそのシングルコイルの低音の出方の差に音作りで苦労されていましたが、少しずつ慣れていけると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック