機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
STEINBERGER Spirit XT-25の調整
今回はヘッドレス構造やカーボンファイバーを使用した作りで一躍有名になったSTEINBERGERが手掛けるSpirit XT-25の調整です。
   IMG_2470.jpg
こちらの楽器はカーボンファイバーボディではなく、メイプルスルーネックにメイプルウィングを使用した構造となっていますが、細かい部分の作りを見ても以前のHONNER製に比べて格段に向上していると感じました。
これが4~5万円くらいで買えるとは凄い時代になったものです。

フレット打ちも丁寧ですが、エッジ部分などは面取りをしたいなと思う感じではありましたので、全体調整・ノイズ処理プランにて面取りを行っていく事にします。
   IMG_2472.jpg
コントロールノブは演奏時に邪魔になるとの事で取り外し、シャフトにはゴムチューブが取り付けられていました。
   IMG_2471.jpg
今回はこの全体調整作業に加えて、入力ゲイン調整と3BANDイコライザがあるプリアンプを搭載したい、とのご希望でしたので、ボディ切削が最小限で済む物を探しつつバッテリーボックスを増設して仕上げる事になりました。
   IMG_2474.jpg
パッシブですが、余分に長い配線が詰め込まれたキャビティ内で、どのようにプリアンプやコントロールポット類を納めるかを考えつつ取り外していきます。
   IMG_2475.jpg

部品撤去後にバッテリーボックスのためのザグリを行い、目止めのタッチアップ。
キャビティ内には導電塗料を塗って乾燥させておきます。
   IMG_2480.jpg
ピックアップキャビティにも導電塗料を塗り込み、各キャビティがしっかりと導通するように配慮して配線します。
   IMG_2481.jpg

既に弦まで張られた状態ですが、指板やフレットのエッジも面取りを行い柔らかい握り心地になっています。
   IMG_2496.jpg
この狭いキャビティに部品を詰め込み、配線も済ませました。
   IMG_2484.jpg
コントロールはマスターヴォリューム、ピックアップバランサー、トレブルとローの2段積みポットとなっています。
   IMG_2483.jpg
内部トリマーは入力ゲイン、ミッドコントロール、ミッドフリケンシー切り替えです。
   IMG_2492.jpg
裏蓋を毎度開けなくても小型のドライバーで調整できるようにパネルに穴を開けました。

2段積みポットに関してはノブが無いと操作しにくいとの事で取り付けましたが、ヴォリュームとバランサーは従来通りゴムチューブのノブレス仕様です。
   IMG_2498.jpg
ボリュームのシャフトを引っ張るとプリアンプが完全にバイパスされて元々のパッシブサウンドが得られますし、万が一の電池切れ時にプレイを止めない用途としても使用出来ます。

黒いボディは小傷が目立つので念入りに磨きとワックス掛けを行って、指紋を着けないように梱包して納品となりました。
   IMG_2497.jpg
希望の仕様にするために結果的に楽器代以上の改造代がかかってしまいましたが、納品後にお喜びのご連絡をいただけまして、一安心でした。
これから小型軽量で多機能なベースとして活躍してくれると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック