機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
SCHECTER PS-ST-Wの全体調整・ノイズ処理
今回はSCHECTER PS-ST-Wの全体調整とノイズ処理です。
   IMG_2650.jpg
ラディアント オーキッドという特徴的なボディカラーに、ゴールドパーツが映える一本ですね。

細かい部分までとても丁寧に作ってあって、価格を考えたらコスパが高いギターだと思います。
   IMG_2651.jpg
感心したのは、ネック側のジョイントスクリュー穴をちゃんと面取りしてある事。
   IMG_2652.jpg
当店で手がけた全体調整作業ではもれなくこのネジ穴の面取りを行いますが、今回はその必要がありませんでした。
(ボディ側は面取りを追加加工しましたが)

こちらは加工前のネックポケット↓
   IMG_2653.jpg
部品を取り外してみると、導電塗料はコントロールキャビティ部分のみに塗布されていました。
   IMG_2655.jpg
ピックガードと接触するようにネジ穴付近まで塗ってある作業がニクイ!
思わず「イイネッ!」ってなりました。

ピックガード側は同じくコントロール部分のみのシールド。
   IMG_2656.jpg
ピックアップにはSCHECTERの新モデルであるCHICKEN SCHACKが搭載されていました。

何やら特殊な配線が施されていますが、ヴォリュームポットを引っ張るとセレクタースイッチのポジションによって、フロントまたはリアピックアップとセンターピックアップが直列に接続されたハムバッカートーンになるような処理が施されていました。
   IMG_2657.jpg
ふたつあるトーンは、それぞれハイカットとローカットのパッシブトーンです。

そして作業後はこのようになりました。
   IMG_2658.jpg
直列のサウンドがイマイチだったとの事で、ピックアップはWILDE USAのL280&L290のセットに交換し、コントロールはマスターヴォリュームとマスタートーン、ピックアップワイヤリングアジャストコントロールに変更しました。
   IMG_2659.jpg
スペシャルコントロールが時計周りに全開時は一般的な3シングルのワイヤリングとなります。
1:フロント
2:フロント+センター
3:センター
4:センター+リア
5:リア
(+はパラレル接続)

このスペシャルトーンを反時計回りに回しきると以下のように変化します。
1:フロント×センター
2:センター-(リア×コンデンサ)
3:センター
4:センター-(フロント×コンデンサ)
5:センター×リア
(-はフェイズアウトパラレル接続、×は直列接続)

ノブを回している途中は上記の状態をシームレスに移行していきます。
コンデンサはフェイズアウト時の音量ダウン防止と音質補正のために入れています。
シングルコイルと直列ハムバッカーサウンドをワンアクションで切り替え出来るように、スペシャルト-ンノブを引っ張ると、ノブ位置に関係なく反時計回りに絞り切ったのと同じ状態に移行します。

そしてボディ側は先に塗られた炭素系導電塗料は削り落して、よりシールド効果の高い銅系フィラーの導電塗料をぬっていきます。
   IMG_2660.jpg
指板エッジも定番の面取りを行って、柔らかい握り心地になっています。
   IMG_2662.jpg
在庫があったピックアップのカラーがパーチメントという、ちょっと焼けた感じの白だったので、以前よりも少し可愛らしい雰囲気になったと思いますが、出てくるサウンドはむっちりとしたシングルコイル、ファットなハムバッカー、煌びやかなクリスプトーン…
多くの表情を見せる万能ギターになったと思います。
   IMG_2661.jpg
(まだ結成間もないですが)熊本で活動する「群青キネマ」というバンドのライブにてそのサウンドは確認出来ると思いますので、是非チェックしてみて下さいね♪



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック