機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
ATELIER-Z X-40のプリアンプ交換
今回はATELIER-Z X-40のプリアンプ交換作業です。
聖鬼魔Ⅱのベーシストであるゼノン石川さんのシグネチャーモデルですね。
   IMG_2801.jpg
以前からStudio GREAMで様々なベースのメンテナンスをご依頼いただいているお客様ですが、今回はオークションでこのベースを入手されたとの事。

オリジナルのプリアンプが搭載されていて、コントロールは写真左側からマスターヴォリューム、ピックアップバランサー、トレブル、ベースという並びになっています。
   IMG_2802.jpg

入手されてすぐの時には音は出たそうですが、不運にも数日で音が出なくなり…
Studio GREAMに持ちこまれ確認しましたところ、プリアンプが故障してしまっていました。
   IMG_2803.jpg
モールドされているので開けて修理する事も出来ず、ATELIER-Zに送って同様のプリアンプに交換してもらうことも出来たのでしょうが、今回はAguilarのOBP-2に換装する事になりました。

注文していたプリアンプや部品類が届いたので早速交換しました。
   IMG_2804.jpg
電池を2個直列で使用する18V駆動にして、広いヘッドルームを確保。
マスターヴォリュームはスイッチポットに交換して、プリアンプバイパスが出来るようにしました。
(万が一の電池切れでも演奏を続けられますし、意識的にパッシブサウンドのジャズベース的にも使えます)

配線は電圧やインピーダンスが異なる信号ライン同士に干渉が少ないような取り回しを心掛けています。
   IMG_2805.jpg

元々のプリアンプのサウンドを私が聞けていないので比較はできませんが、癖が少なくオールラウンドに使えるベースに仕上がったと思います。
これから沢山活躍してくれると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック