機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
PRS SE CUSTOM24の全体調整・ノイズ処理
今回はPRS社の廉価グレードであるSEシリーズの中でも定番モデルCUSTOM24の全体調整・ノイズ処理です。
   IMG_2988.jpg
凄いトラ目が目を惹きます。

サイドを見るとトップに薄くスライスしたメイプル材を貼り合わせてある構造。
しかしメイプル材としての厚さはしっかりとあります。
   IMG_2991.jpg
ゆえに、本家のような彫りの深いアーチトップには出来ず、大人しい見た目です。
しかし加工精度はとても高いと感じました。

問題は…アジア圏のギターに多い気がする、ナットや電装系のいい加減さ。
   IMG_2994.jpg
このギターも無駄に高いナット溝や手に当たって痛いぐらい角張った形状で、オーナーもこの部分を何とかしたいと仰られていました。
フレットと指板エッジも同様に角張っているので、この部分はStudio GREAM定番の面取りを行います。
   IMG_2992.jpg

そして…ひとまずこのネック周りの作業のビフォーアフターです。

ナットは当初交換も検討されていましたが、余計な部分は削って磨いてしましたので、とても柔らかな手当たりとピッチの安定が得られるようになりました。
   IMG_3018.jpg
反対側の角度からもう1枚。
   IMG_3019.jpg
指板エッジもしっかり面取りしてから磨いてあります。
   IMG_3017.jpg

次に、作業時系列は前後しますが電装系を見ていきましょう。
   IMG_2995.jpg
耐久性には疑問が残る使用部品ではありますが特に不可もなくな配線作業。
壁面の導電塗料?は薄かったりムラがあったりで…やってないよりはマシって状態でした。

それよりもピックアップキャビティの導電塗料の塗り方はこの手抜き!
   IMG_2996.jpg
擦り付けただけで、グラウンドにも接続されていない…まさに塗っただけ。

削り落して、改めて導電塗料を塗り直しました。
   IMG_3006.jpg
配線穴の中も極力塗って、導電塗料は全てグラウンドにつながるように接続してあります。

コントロールキャビティ内も導電塗料を塗り直し、ポット、セレクタースイッチ、コンデンサ、ジャックと電装系部品は全て耐久性と音質を重視した部品に交換しました。
   IMG_3010.jpg
配線は定番のBELDEN 8503を使い、信号ラインとグラウンドラインとを撚り合わせて配線しています。

全体調整時にピックアップ交換をすると交換工賃のアップチャージがかからないのです。
そこで今回はSEYMOUR DUNCANのSH−11(custom custom)とSH−2(jazz)をお持込みいただきました。
   IMG_3016.jpg
トーンノブを引き上げると、クリーム色のコイルがそれぞれ生きるタップシングルの配線になっています。

全体的にワックスがけを行って納品となりました。
   IMG_3015.jpg
細かい部分ではコストダウンの努力が見られますが、作り自体は良いと思います。
これから沢山弾いてもらえると良いですね。

・全体調整&ノイズ処理 19000円
・Vol. POT(500KA選別品) 1000円
・SW付きTone POT 2100円
・3wayセレクタースイッチ 2000円
・MONOジャック 400円
・オレンジドロップ含むコンデンサセット 800円

合計25300円(税抜き)でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック