機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
BACCHUS WL001-EWにプリアンプ搭載
今回はBACCHUSブランドで、フィリピンで製造をするグローバルラインの中で限定モデルだったWL001-EWにプリアンプを搭載しました。

ブビンガ材をトップに貼ったアルダーボディが目を惹くエキゾチックウッドシリーズです。
   IMG_3250.jpg

今回はプリアンプ搭載にあたり、電池を搭載する必要があるため、このボディバックに切削を行って電池ボックスを取り付ける事にします。
   IMG_3252.jpg
バルトリーニのピックアップが搭載され、コントロールはスタンダードなジャズベースながら、トーンノブを引くと2つのピックアップが直列に接続されるスイッチがポイントです。
   IMG_3251.jpg
国産の同社製品は「素晴らしい!」と感嘆するぐらい丁寧なワイヤリングが行われていますが、このモデルに関しては…
まぁしっかりつながっているしね、という感じでしたが、価格を考えると驚異的に良いです。
   IMG_3253.jpg
ひとまずバッテリーボックスキャビティ切削のために、部品類を全て外してトリマーで切削。
   IMG_3254.jpg
内部に目止め塗料を塗って、バッテリーボックスを取り付け。
   IMG_3260.jpg
ステンレスプレートで出来たESP製を採用しました。

そしてプリアンプにはバルトリーニのNTBTを搭載。
   IMG_3255.jpg
キャビティが狭いところに、プリアンプON/OFFと、ピックアップの直列スイッチまで搭載するという事でワイヤリングは神経を使いました。
   IMG_3256.jpg
プリアンプのゲイン調整トリマーはコントロールプレートを裏返さなくても、ネジを外して少し持ち上げたら横からドライバーで回せるような位置に設置しました。
   IMG_3257.jpg
コントロールはフロントVol.(プリアンプOFF)、リアVol.(ピックアップ直列)、トレブル、ベースの4ノブになるため、プレートも5穴の物に交換しています。
   IMG_3259.jpg
各部品を組み付け直して、弦高など基本的調整を行って完成です。
   IMG_3258.jpg
頻繁にノブを調整しながら手元で多彩なサウンドを作り出すプレイをされる方なので、これで今までの使用方法も出来つつプリアンプのサウンドも得られてお喜びいただけました。

ジャズベースのキャビティにプリアンプと多くのコントロールポットをインストールするのはチャレンジングですが、Studio GREAMとしても得意とするワイヤリングなので、毎度燃えますね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック