機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Squier Vintage Vibe Series Stratocaster ’60sの改造
今回はSquier Vintage Vibe Series Stratocaster ’60sの改造です。
   IMG_3301.jpg
元々はミントグリーンのピックガードでシングルコイル×3の一般的なストラトだったのですが、黒3プライのピックガードに換え、ハムバッカーを搭載し、トグルスイッチを取り付けたりと色々と試行錯誤された形跡が見えます。
   IMG_3302.jpg
この1弦側のホーン部分にトグルスイッチを取り付けたい、
コントロールは一般的な5wayセレクターに戻す、
ハムバッカーのワイヤリングをシリーズ/パラレルに変更できるようにしたい、との事で作業を進めていきます。
   IMG_3303.jpg
ピックガードは黒3プライ素材で、SSHピックアップレイアウトになるように新しく用意します。
   IMG_3304.jpg
ボディにザグリを入れないとならないので部品類を外していきます。
   IMG_3305.jpg
キャビティ内には炭素系導電塗料が結構しっかり塗られています、やるなぁSquier!

3ピックアップに3ポジショントグルスイッチを取り付けているので、配線はセンターピックアップとハムバッカーのみで、フロントピックアップは接続されていませんでした。
   IMG_3307.jpg
ハムバッカーはセンターピックアップに対して逆位相で接続されていたので、ミックスするとフェイズアウトしてしまう状態でした。

しっかりと位置を割り出して、トグルスイッチと配線が収まるような溝を掘り込んで導電塗料を塗っておきました。
   IMG_3308.jpg
ピックガードアッセンブリも組み直して配線完了。
   IMG_3314.jpg
コントロールの並びは一般的なストラトに習っていますが、センターピックアップに効くトーンノブを押して上がるとハムバッカーがパラレル接続されてシングルコイル系サウンドに変わります。
今回はノイズ処理までは行わないので、導電塗料が塗られているとはいえ完ぺきではないので…配線はシールド線で行っておきました。

ホーン部分には3ポジションのトグルスイッチを増設。
   IMG_3318.jpg
これはGRETSCHなどでも採用されているスタンバイスイッチとして機能します。
センターポジションでは音が出ずミュートされますが、左右どちらかに倒すと音が出るのです。
これでレスポール系ギターで行われるような、マシンガンスイッチング奏法が出来る訳です。

ハムバッカー周辺の無理やり広げられたピックガードも、今回は新調したためにとても綺麗に仕上がりました。
   IMG_3316.jpg
ネックやブリッジの調整を行って、全体的にワックスがけを行ったら完成です!
   IMG_3315.jpg
キャンディアップルレッドにはミントグリーンかパールホワイトのピックガードがベストマッチと思っていましたが、意外にも黒も格好良いなぁとしみじみ眺めてしまいました。

これから沢山のステージで出番があると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック