機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER USA American Deluxe Precision Bassの全体調整と改造
今回はFENDER USA American Deluxe Precision Bassの全体調整と改造です。
   IMG_3284.jpg
プレベのピックアップ以外に、ブリッジ側にジャズベースピックアップをふたつ並べたようなハムバッキングピックアップを搭載しています。
   IMG_3285.jpg
コントロールは手前よりマスターVol.、ピックアップバランサー、ミッドEQ、トレブル&ベースの2段積みとなっています。
   IMG_3287.jpg
つまりプリアンプが搭載されたベースということになりますね。
   IMG_3288.jpg
配線は無駄に長く詰め込まれていましたし、グラウンドの処理も甘いのですが…
今回はオーナーのご希望の沿い、このプリアンプを撤去してパッシブのプレベに仕上げます。
   IMG_3289.jpg
ひとまず全ての部品を外し、キャビティ内の塗装も削り落してノイズ処理の準備を進めます。
   IMG_3290.jpg
マスキングして導電塗料を塗ったら乾燥待ちです。
(写真ではあらかた乾いたのでマスキングテープは剥がした後ですね)
   IMG_3291.jpg
プリアンプ関連のアッセンブリを全て取り払って、パッシブのコントロールに組み直しました。
開いたままの穴はメクラ蓋で2か所塞いでいます。
   IMG_3292.jpg

フレットの減りも見受けられ、音詰まりする部分が目立っていたので、この際にフレットすり合わせも行います。
   IMG_3293.jpg
大幅に削るほどの減り具合ではないので、フレット高さに「低くなった!」という違和感は感じないぐらいの仕上がりになるでしょう。
同時に指板やフレットエッジも面取りを行います。
   IMG_3295.jpg
諸々の作業を行って、弦を張って微調整を進めます。
元々から無駄に高かったナットも、適正な高さに溝と外形を調整しています。
   IMG_3300.jpg
指板エッジも丸く柔らかな握り心地になりました。
  IMG_3299.jpg

リアピックアップは配線しないにしても載せておく方が、穴は目立たないとは思うのですが「取り外しちゃって!」というご希望によりこのような状態。
このキャビティを隠せるようにフィンガーランプなどを作成して取り付けると見栄えは良いと思うので、今後作る事になるかもしれませんね。
   IMG_3297.jpg

その他に、ペグの紛失したネジを取り付けたり、錆びて使えなくなったネジ類を部分的に交換しつつ…
全体的にワックスがけを行って納品となりました。
   IMG_3296.jpg
機能を絞って割り切った仕様に変更した事で、やはり音の素直さというか、ミッドの押し出し感のあるサウンドはさすがプレベだという感じに仕上がったと思います。
ネックの調整がとても素直に効くのでコンディションを今後も保ちやすそうだなという印象を持ったベースでした。

・全体調整&ノイズ処理 19000円
・フレットすり合わせ 10000円
・Vol,&Tone pot @1000 2個 2000円
・Tone Cap. 800円
・Mono Jack 400円
・各部ネジセット 800円

合計33000円(税抜き)でした。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック