機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
EPIPHONE TAK-DC CUSTOMの全体調整・ノイズ処理
今回はご自身でピックアップ交換を試みたものの、上手く出来なかったためいっそ全体調整でしっかり調整してほしい!との事でお持込みいただきました、EPIPHONE TAK-DC CUSTOMの全体調整・ノイズ処理です。
   IMG_3375.jpg
オリジナル仕様はブラックのピックアップですが、固定ポールピースがクリームのゼブラカラーが用意されていました。
エスカッションにも埃や手垢が堆積しているので、これらは一度外してしっかりと掃除して組み直します。
   IMG_3376.jpg

セレクタースイッチのキャビティもレスポールとは異なるザグリ形状ですね。
   IMG_3377.jpg
コントロールキャビティは配線が詰め込まれ、あわやショート!という危ない状態でしたので、導電塗料を塗りつつしっかりと組み直していきます。
   IMG_3378.jpg
このポット背中につながっている裸のグラウンド線と、一番手前の3番端子がショートしそうな危険状態です。
(ショートするとリアピックアップの音が出なくなります)
   IMG_3379.jpg
部品を全て取り外して掃除をします。
ブリッジのアンカーは簡単に抜けてしまう状態でしたので、これはしっかりと固定されるように補修しつつ組み込んでおきます。
   IMG_3382.jpg

今回は配線材をお持込みいただいたのですが、より線のメッキが酸化していてなかなかハンダが乗らず、都度フラックスを塗布してハンダ付けする必要がありました。
   IMG_3385.jpg
単純にこの線でピックアップセレクターとコントロールキャビティ間を配線するとノイズが乗り放題なので、導電塗料が塗れない区間は編組シールドを用いてシールド効果を得ています。
(編組シールドは、上から熱収縮チューブで包んでいるので見えません)
   IMG_3386.jpg
ヴォリュームポットは選別したCTS製を用い、トーンにはフロントピックアップのシリーズ/パラレル切り替えが出来るスイッチ付きポットを採用しました。
   IMG_3387.jpg
コンデンサは定番のオレンジドロップですね。

ナットは黒いプラスチック製が使われていましたが、とにかく精度が粗い!そのため交換を希望されました。
   IMG_3381.jpg
色は黒で合わせたい、との事でTUSQ XLのBLACKをブロックから削り出して交換。
   IMG_3389.jpg
弦の引っかかりも緩和され、チューニングの安定にも寄与します。

全体的にワックスをかけて磨きましたので、お預かり時と比べて見違えるほど綺麗になりお喜びいただけました。
   IMG_3388.jpg
若干のフレット減りも見受けられる状態でしたので、今後はフレットすり合わせなり、交換なりでまた作業担当させていただけると良いなと思います。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック