機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
DANELECTRO Double Neck6-12の改造
今回はDANELECTRO Double Neck6-12の改造です。
既にオーナーによって色々と手を入れられていましたが、木材の切削やワイヤリングなど時間や作業工具の都合で手が回らない部分をご依頼いただきました。
   IMG_3366.jpg
6弦と12弦のダブルネックですね。
   IMG_3367.jpg

このギター、オリジナルではピックアップセレクタースイッチ、二段積みになった6弦と12弦それぞれのヴォリュームとトーン、どちらのネックを使うかを選択するスイッチで構成されており、ジャックはボディ側面に用意されていました。

しかし使い勝手が悪いとの事でオーナー自ら改造を施され、ピックアップセレクター、マスターヴォリューム、マスタートーン、アウトジャックという構成になっています。
   IMG_3369.jpg
12弦側のホーン部分に移設されたスイッチで、どちらのネックを使用するのかを切り替えます。
   IMG_3368.jpg
このスイッチの裏蓋は製作途中との事。
   IMG_3371.jpg
コントロール部分はとても整然と配線されていましたが、この部分から先のホーン部スイッチまでピックアップの各リード線を延長してある作りのため、ノイズが乗り易く改善の余地があるなと感じました。
   IMG_3372.jpg
元々トグルスイッチがあった12φ穴はエポキシ樹脂で埋めて10φに開け直しされていました。
   IMG_3373.jpg
サイドのジャック穴は木材で綺麗に埋めた後に黒で塗装してあるし、一見すると判らないような完成度で驚きました。
   IMG_3370.jpg
6弦側のネックヒール部は滑らかに削った後に、取り付けボルト穴位置も変更して塗装までしてありました。

今回は6弦側にSeymour DuncanのSLD-1n/SLD-1bが搭載されていましたが、このピックアップを12弦側に移動しつつ6弦側にはキャビティのザグリを入れてSTK-P1n/STK-P1bを搭載するという事になりました。
   IMG_3374.jpg
作業する上で邪魔になってしまうネックやブリッジなどを全て外して、P-90のテンプレートを当ててキャビティを切削。
   IMG_3406.jpg
フロントとリアで弦高とピックアップの飛び出し量を計算しつつ、掘る深さを変えてあります。
   IMG_3407.jpg
ピックガードもそのままではピックアップに当たってしまうので、キャビティ縁にぴったり合うように切削。

リップスティックピックアップはスラントして搭載されていましたが、P-90は一般的なマウント角度にしました。
   IMG_3409.jpg
ネック切り替えスイッチまでは6芯シールドの配線を使用してノイズ対策を行っています。
コントロールキャビティ内にラグ端子を立てて各ピックアップのワイヤリングを行う事で、今後のピックアップ交換時に配線を延長する必要もなく、またノイズも乗りにくい仕様にしています。
   IMG_3410.jpg
元々、6弦と12弦での出力差や音質の差が問題になっていたのですが、今回のピックアップ変更により使える仕様になった!と感想をいただきました。
   IMG_3408.jpg
リップスティックピックアップのクロームメッキカバーに合わせて、今後はP-90のカバーをクロームメッキ仕様に変更されるとの事。
仕上がりが楽しみですね。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック