機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER American Vintage Series 1962JAZZMASTERの全体調整・ノイズ処理
今回はFENDER American Vintage Seriesの1962JAZZMASTERの全体調整・ノイズ処理です。
このモデルは過去に何本も入庫していますし、今回も基本的には同様の作業を行っていきます。
   IMG_3542.jpg
べっ甲柄ピックガードには保護フィルムが付着しておりましたが、今回は持ち込まれたピックガードに交換も行います。
   IMG_3543.jpg
指板やフレットエッジは少し角張っている状態ですので、定番の面取りを行います。
   IMG_3544.jpg

コントロールキャビティには真鍮をプレスしたシールドボックスがセットされていますが、これが振動する事で余計なノイズが出る原因にもなるので、ノイズ処理作業の際は導電塗料によるシールド処理に変更していきます。
   IMG_3546.jpg
段差がある部分は配線で接続してありますが、キャビティ側面はノイズに対して無防備です。
   IMG_3547.jpg
チューニングが狂いやすいという事でトレモロブリッジも交換を希望されお持込みをいただきましたが、チューニング狂いの原因はサドル部と動きとナット溝の荒れが大きな原因だったと思います。
   IMG_3545.jpg

ピックガードアッセンブリを見ていきましょう。
   IMG_3548.jpg
トーンコンデンサは交換されて試行錯誤されたようです。
   IMG_3549.jpg
マスタートーンのコンデンサは容量が大きすぎるために常に多くの高音域がグラウンドに逃げてしまっており、エッジの立ったサウンドが得られなくなっていましたので、適正な数値のコンデンサに交換していきます。

導電塗料を塗る前に、キャビティ内の塗料は削り落しておきます。
   IMG_3550.jpg
導電塗料が乾いたら、新しいピックアップの高さ調整用スポンジを両面テープで貼っておきます。
   IMG_3551.jpg
弦アースを取るために、ブリッジのアンカーを抜いて配線をしっかりと接続します。

ピックガードはアルミアノダイズドタイプに交換するのでした。
   IMG_3552.jpg
メイン配線材はBELDEN8503で、信号線とアース線を撚り合わせてノイズを低減させたり、配線間信号の飛びを避けるような取り回しを心がけています。
   IMG_3553.jpg
アッセンブリ全体像はこのようになっています。
   IMG_3554.jpg
アノダイズドピックガードはポットなどを取り付ける際に、内歯ワッシャーを使ってアルマイト層を破ってしっかりとグラウンドに接続する必要があります。

フレットエッジもStudio GREAMではお馴染みの面取りを行って、とても柔らかいグリップになっています。
   IMG_3556.jpg
トレモロはステンレス削り出しブリッジで有名なマスタリーブリッジ製です。
がっちりした作りと滑らかな動作はその値段も納得の品質だと思います。
(それでも気軽な値段じゃないですが)
   IMG_3559.jpg
ピックアップカバーもホワイトからブラックへ交換しているので、完成状態でのルックスは大きく変わりましたね。
   IMG_3555.jpg
ブリッジのぐらつきを低減させるためにポストにスペーサーを入れてアーミングで前後に動いてしまわないようにしています。
ムスタングブリッジに交換されていたので、ポストをぐらつかないように調整するとかなりチューニングも安定します。

納品後にも、サウンドの明瞭感やチューニングの安定でお喜びいただけました。
ブログ公開までかなりの時間がかかってしまいましたが、今後は沢山のステージを共にしていただければと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック