機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN PB62-90の全体調整・ノイズ処理
今回はいつも鳥取県よりご依頼いただいているお客様より、新しく入手されたFENDER JAPAN PB62-90の全体調整・ノイズ処理でご依頼をいただきました。
   IMG_3648.jpg
コンディションを確認した上で、やっておいた方が良い作業をお見積りと共にご提案し、予算と併せてチョイスしていただいております。
フレットの端が部分的に浮いている箇所があり、手に引っかかるし高さは揃っていないしでしたのでフレットエッジの補修作業は必要ですね。
   IMG_3650.jpg
コントロールノブは再使用可能でしたが、ドーム状のメタルノブが良いとの事で今回は交換を行う事になりました。
   IMG_3649.jpg
内部パーツも交換されていましたが、とにかくハンダ付けが汚い!
ピックアップからのリード線も継ぎ足したりでおかしな事になっていましたので、配線自体を交換して修理していきましょう。
   IMG_3651.jpg
作業途中写真が一切無くて…撮り忘れましたが導電塗料を塗ってアッセンブリを組み直した状態です。
   IMG_3654.jpg
ポット、ジャック、コンデンサは交換。
18AWGのOFC線でグラウンドラインをがっちり接続し、ホットの配線は80年代のクロスワイヤを使用して組みました。
ピックアップの配線は柔軟性や取り回しを考慮してBELDENの8503に交換をしてあります。
   IMG_3655.jpg
ナット溝は摩耗が目立ち、解放音だけビリ付く症状が出ていまして、本来ならフレット交換とナット交換推奨なのですが今回はナット溝を埋めて嵩上げする事での対応になりました。
   IMG_3659.jpg
フレット浮き部分は圧着補修した後で軽くすり合わせを行う事でレベルが揃いました。
しかし全体的なフレット摩耗が目立つので、早めに交換を検討いただけると良いですね。
   IMG_3658.jpg
ドーム状のメタルノブに交換しました。
元々はアルミノブだったため、白っぽい粉がふいたような状態になっていましたが、真鍮ノブになったため操作の重厚感も増した感じです。
   IMG_3657.jpg
頻繁にノブを操作する方には手触りなどは大切ですね。

全体的にワックスをかけて、調整完了です。
   IMG_3656.jpg
過去にも何本もギターやベースの調整依頼をいただいておりますが、パンチのあるサウンドに仕上がったので、またこのベースも活躍してくれると良いなと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック