機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
MORLEY Bad Horsie Wahの半止めモディファイ
今回は以前にも行った記事と基本的に同内容ではありますが、追加した作業もあったので改めて記事にしてみました。
前回の記事はMORLEY Bad Horsie Wah MODを参照下さい。

”Neo Dramatic Cyber Hard”をコンセプトに関東は勿論、関西方面へもツアーに出るVRAINというバンドのギタリストよりご依頼いただきました。
(現在活動休止中のようですが、必ずまた新たなVRAINとして戻ってきてくれると信じ、Studio GREAMも応援しております)


作業に当たり、新品未使用ペダルをお持込みいただきました。
   IMG_3805.jpg
内部基板は変わっていませんが、コンデンサやトリマーなどの使用部品が時期によって少しずつ異なるようですね。
   IMG_3804.jpg

半止めmod作業自体は前回記事と変わらないのですが、ワウのインプットゲインを調整するコントロールも取り付けたいとの事でしたので…

希望に沿って作業を行いました。
   IMG_3806.jpg
エフェクトOFF時にも音痩せを軽減するような信号経路のコンデンサや抵抗の交換も行っております。

コントロールノブの位置は同社のVAI-IIを参考に位置を割り出しました。
   IMG_3808.jpg

手前から、半止めモードのON/OFFスイッチ、半止めONを示すLED、ワウの音量、半止め位置調整になっています。
   IMG_3807.jpg
インプットゲインは上げすぎると音割れするので、可変幅は大きくないのですが、エフェクトON時の音量を微調整できるので便利です。

これから新しい音作りやプレイで活躍してくれると良いなと思います。
ご依頼いただきありがとうございました。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック