機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN TC-72TS BLK/Rの全体調整&ノイズ処理
今回はFENDER JAPAN TC-72TS BLK/Rの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_4016.jpg
故アベフトシさんの仕様を彷彿とさせるルックスですね。
赤べっ甲1プライのピックガードや、ピックアップセレクター位置が一般的なテレキャスターカスタムとは異なり独特です。

ペグはGOTOHのSGMという一番廉価汎用グレードが使用されていまして、今回はこれをロック式のペグに交換するべく部品の取り寄せを行います。
   IMG_4020.jpg
指板やフレットエッジはフェンジャパの標準仕上げで、やはりもう少し面取りしたいと思う印象です。
   IMG_4017.jpg
いきなり作業完了後ですがペグはグレードを上げつつマグナムロック付きのSG381MGに交換しました。
   IMG_4037.jpg
ペグポストに弦を巻かずにチューニングが完了していますね。

指板エッジも全て手作業でヤスリがけを行って面取りをしました。
   IMG_4035.jpg

さて、作業前のボディに戻りますがピックガードやブリッジなど各部品を取り外して、キャビティ内の塗料を削り落していきましょう。
   IMG_4021.jpg
他のモデルと共用のボディ構造のため、この位置にセレクタースイッチ用のザグリが入っていました。
   IMG_4022.jpg
純正の縦型スイッチだとキャビティ壁面に端子が当たってしまうので、塗料を削るのと併せてスイッチとの干渉部分を最低限の量で削っておきます。
   IMG_4023.jpg
なぜこんな事をするのかと言いますと…
   IMG_4024.jpg
このコントロールが使いにくく、2V2Tにしつつ、ピックアップセレクターは低音弦側に欲しい、いわゆる一般的なテレカスタム仕様に!というご希望でした。
   IMG_4025.jpg
既にブリッジは取り付けを済ませていますが、ピックアップはFENDER純正の物から、お持込みいただいたVanzandt製に交換しています。
導電塗料を塗って、アースラグを用いて確実にグラウンドに接続します。
   IMG_4026.jpg
そして…元々開いていたセレクタースイッチ穴はポット穴よりも大きく、そのまま使うには都合が悪いし見た目も変えたい…
   IMG_4027.jpg
という訳でピックガードを複製しました。
コントロールポットはフロントはかなりウォームなサウンドのハムバッカーだったので、より高音域が出る500KΩに、ブリッジ側は250KΩ&グレースバケットトーンサーキットという組み合わせにしてあります。
   IMG_4028.jpg

肝心の見た目は…
   IMG_4033.jpg
そう、茶べっ甲4プライです。
   IMG_4034.jpg
各プライ層の厚みが異なるヴィンテージ仕様の素材が入手できたのでそれを使ってみました。
ピックガード表面には保護フィルムを貼ったままなので、表面はちょっと白っぽくなっていますが、剥がせばとても綺麗な深みのある茶べっ甲柄です。

2V2T仕様になり、トグルスイッチのキャップもブラックからアイボリーカラーへオーナーの希望で変更してあります。
   IMG_4032.jpg
FENDERのこの6wayサドルはイモネジの調整が悪いとサドルがしっかりとプレートに接しない状態になるので音のコシが無くなります。
念入りに高さ調整を行い、各弦が綺麗に響くようにして完成となりました。

納品後に感想のご連絡をいただきましたのでご紹介させていただきます。

遅くなりましたが、無事ギター受け取りました!
今回も色々と要望を実現して頂きありがとうございます!
いや、気持ち良いです!
ノイズが劇的に減ったというか、なくなりましたし、ギターの生音も変わった気がします。
中心が鳴るようになったと言うか、重心が下がるというか、上手く言えませんが、とりあえずニヤニヤしました(笑

他の手持ちのギター全部調整に出したくなりますね…

ピックガードも最高です!
見た目もイメージ通りで、落ち着いた感じになって大人な雰囲気になりました。

リアピックアップは変えて正解でした、ロー程よく、ミドルがっつり、ハイはしっかりな感じで、バランスはよくいい感じにジャキジャキでブライトな感じ…気持ち良い!
コントロール周りも以前調整して頂いたストラトと同じく、積極的に使える様になっていて弾いていて楽しいです。

後は、今回対応を見送ったフロントPUに手を加えるか悩みどころですね…

またGREAMさんにお願いして良かったです!
調子悪いギターもあるので、またお願いしたいと思っております。その時は何卒よろしくお願いします。


このように遠方よりリピート依頼をいただけるというのは大変ありがたい事ですね。
今後もご期待に応えられるような丁寧な仕事を心がけていきます。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございます。
お世話になりました。
オーナーです(笑

載せて頂きありがとうございます。
自分のギターがどのように手を加えられていったのか見れるのは楽しいですね!

次はエフェクターのブラッシュアップをお願いしてみようかなと…思ってたりしてます。。
GREAMさんは、技術はもちろんですが、不安とか一切無くてワクワクするんですよね。
また色々お願いしますが、お力を貸して頂けたら幸いです。
2017/01/21(土) 23:49:44 | URL | スミノフ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック