FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
MUSICMAN STINGRAYの全体調整&プリアンプ交換
今回は凄まじいルックスのMUSICMAN STINGRAYの全体調整&プリアンプ交換です。
   IMG_4490
お預かり時にコントロールプレートはネジ止めされていたのですが、見積り作業を行う時に開けてしまったのでマスキングテープで仮止めした状態になっています。

ヘッドにはタバコを挟んでワザと焦がしたような跡がありました。
   IMG_4494.jpg
ネックポケットの形状がガタガタになっていて、ブリッジサドルを一番下げてもこレぐらい高い弦高でした。
   IMG_4493.jpg
ブリッジもサビやくすみが目立つため、全てバラして磨いて組み直します。
   IMG_4492.jpg
ボディは元々は茶色がかった赤系シースルーカラーだったと思われますが、オーナーご自身でホワイト塗装と傷付け&焼き加工とを施して凄まじい唯一無二のルックスになっています。
   IMG_4491.jpg
バッテリーボックスの蓋を留めているネジは、打たれていたアンカーは抜ける状態だし、ネジは合わない物を無理やり入れてあって補修に難儀しそうです。
   IMG_4495.jpg
ボディに塗装をした際にネックポケットをマスキングせずに塗装されており、ネックは簡易的に接着されたような状態でした。
   IMG_4497.jpg
平面も出ていないので、この部分の余分な塗装をしっかりと落として、平面を出し直します。

コントロールは1ボリュームと2BAND EQというオールドスタイルですが、現行のモデルは3BAND EQとサイドジャックというレイアウトになっていますね。
   IMG_4496.jpg
今回はプリアンプも含めて電装系は全て交換するため、部品を取り外していきます。

ネックポケットの平面出しや、コントロールキャビティの拡張ザグリ、ピックアップキャビティ内の塗料除去を行いました。
   IMG_4498.jpg
キャビティ内には深さ方向も調整しつつ、部分的に段付き加工も行っています。
   IMG_4499.jpg

キャビティ内には導電塗料を塗って、アッセンブリを組み合わせました。
ピックアップはVillexのMMタイプを搭載しましたが、特有のパッシブミッドカットコントロールは今回は搭載を見送りました。
   IMG_4501.jpg
ESPのcinnamonプリアンプを搭載したいとの事で、このケースを納めるためにはキャビティ内をザグるしかなかったのです。
コントロールはヴォリュームと2BAND EQは同じなのですが、ジャックの近く(内側)に設置したミッドコントロールポット、ベースポットの背中に設置されたプリアンプのゲインコントロールを用いて、キャラクターのプリセットを詰める事が可能です。
ミッドをいじれるようにしたい場合はサイドジャック化する事も出来ますし、電池ボックス部にトリマーで移植する事も出来るので、ひとまずこの仕様で使ってもらって今後変更するか考えましょうという事になりました。

ブリッジにはサビが激しかったので、全てバラしてネジ類は浸透潤滑剤に浸けたり、ブルーマジックで磨いたり…
いつもの作業を行って組み上げました。
   IMG_4503.jpg
ミュートの板バネは使っていないのでしっかりと締め込んでありますが、外してしまっても良さそうな…
サドルを一番下まで下げても高かった弦高でしたが、ネックポケットの加工を行った事で適正なサドル高さを確保出来るようになりました。
   IMG_4505.jpg

ダンロップのロックピンを取り付けたい、と持ち込みいただきましたがネジはありませんでした。
   IMG_4500.jpg
一般的なネジだと頭が大きすぎて入らないので、グラインダーでネジ頭の外形を削ってピンに収まるように加工して使用します。

ボディ側のネジ山もグズグズになっていたので一度大きく穴を開けて、ハードロックメイプルのプラグを埋め込んでからストラップピンを取り付けしました。
   IMG_4507.jpg
2か所とも同様の作業をしておりますが、取り付けた状態では埋め木が見えないように配慮して作業しています。

フレットや指板のエッジもいつものように面取りを行い、フレットもシリコンコーティングでピカピカになっています。
   IMG_4506.jpg

ワックスがけしても殆ど艶は出ませんが(笑)
   IMG_4504.jpg
全体的に綺麗になっていますし、演奏性も良くなったので、これからガンガンと使っていただけると嬉しいですね。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック