FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Stewart-MacDonald ノブ/アンカープラーの補修
今回は工具の話です。

アメリカにある楽器関連の工具や材料などを幅広く扱うStewart-MacDonaldで以前に購入したノブ/アンカープラーなのですが…

サビまくって木材にしっかりと噛みこんだ古いギターのブリッジアンカーを抜いたところ…
   LICP1002.jpg
あまりの食い付き具合にプラー本体が曲りました…
   IMG_E8786.jpg
1.6mm厚のスチール角パイプを加工して作られているクローだと思われるのですが、これを曲げるとは…恐るべし!!
クローだけの購入が出来ず、本体ごと買い直すと約1万円かかるので…
車の整備をしている友人に頼んで補強補修をしてもらいました。
   IMG_E8834.jpg
叩いて形を整えた後に、上下に鉄板を溶接して板厚を増してあります。

アンカーを抜くのとノブを抜くクローはサイズが違うので、使う時に交換していたのですが…
「毎回取り替えるのは面倒だなぁ」と思っていたので、補修後に本体も作成する事にしました。
   IMG_E8833.jpg
ホームセンターでM10のボルト&ナットや塩ビパイプジョイントなどを購入して組み合わせます。
塩ビパイプは長過ぎたので必要な長さにカットして、内部のリブも削ってあります。
   IMG_E8847.jpg
ノブを抜くのは軽い力で済むので蝶ナットでも事足りるのですが、アンカーは固着している場合もあるので…
友人がTハンドルも作成してくれました。
   IMG_E8846.jpg
これでアンカー抜き作業も安心して行えますね。

仕事の合間にこのような工具の補修や加工も行って、より仕事がし易いようにしています。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック