機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
DOD Mini VolumeにTUNER OUT増設
今回はDOD Mini VolumeにTUNER OUT端子を増設する作業です。
   IMG_4713.jpg
アルミ&スチールの頑丈なケースに、ギア駆動によるロスの少ない機構を組み合わせたヴォリュームペダルです。
500Kのポットとスムーステーパーを組み合わせて、ヴォリュームを絞った時にもハイ落ちしにくく、滑らかな可変を実現しています。

このペダルにTUNER OUT端子を取り付けたい、という事でお預かりしました。
   IMG_4714.jpg
小型ケースのため、ジャックを取り付ける場所にとても悩みました。
入るところならどこでもOKという事なら簡単なのですが…
外観も大事なので、綺麗に見えるところで内部構造にジャックが干渉しないところ、となるとかなりシビアです。
   IMG_4715.jpg
最終的にこの位置に開口設置しましたが、プラグ先端がギアにスレスレの位置でかわしています。
10mmでも0.5mmでも、隙間がある分には当たらない訳で、しびれる位置決めと部品チョイスでした。
   IMG_4716.jpg
ボードを小型化する上で、音質も含めてとても良いヴォリュームペダルだなと思います。
   IMG_4718.jpg
しかし小型ケースにありがちな、足を乗せた時に少しグラつくような、重心の高さが少し気になるところでもありました。
裏側のゴム足を外して、ベルクロテープでボードに固定したら安心して踏めそうな気がしますね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック