FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Vesta Kozo DIG-420(SAMPLER/DERAY)のオーバーホール
今回はVesta KozoのDIG-420(SAMPLER/DERAY)というラックエフェクターのオーバーホールです。
VESTAXの別ブランドだと思われますが、巷ではVESTA小僧と呼ばれているとか。
リピートサウンドが徐々に劣化するような気持ち良いアナログ感がクセになりますし、強烈な発振もするのでついつい時間を忘れて弾いてしまいます。
   IMG_5355.jpg
ラックエフェクターは横長なのでなかなか1枚で収まるように写真が撮れず難儀します(笑)
   IMG_5357.jpg
HOLDボタンが破損しているのですが、他のボタンも軒並み接触不良になっていますし、ポットにもガリが見受けれました。
   IMG_5353.jpg
内部ではハンダ付けが割れているジャックもありましたので、この際ハンダ付け直しは勿論、経年劣化したコンデンサなども交換修理していきます。

基板上に3.6Vのニッカド電池が搭載されていますが、サンプリングしたメモリー保存に使われているようです。
測定の結果、1.2Vも無かったので今回は交換してしまいます。
しかし同じ部品は中国製のレプリカは見つかりましたが…
ちょっと個人的に品質が不安だったので今回は別の方法を採ります。
   IMG_5354.jpg

パネルからポット類が付いている基板を外すために問題のスイッチ類はハンダ付けから外さないとならない設計のため今回はスイッチは新品を探し出して全て交換しました。
   IMG_5358.jpg
古い部品も世界中から探せばまだまだ入手が出来る訳ですが、やはり価格はそれなりにしますね…
小さい部品だと送料の方が高かったりもしますし。
   IMG_5364.jpg

内部の電源関連にある電解コンデンサは全て交換しつつ、例のニッカド電池が担っていた電源は充電式のニッケル水素電池(1.2V×3本直列)で作成しました。
   IMG_5365.jpg
バッテリースナップとホルダーで設置していますので、取り外しや外部充電器での充電も可能です。

電源ケーブルが取り付けられているブッシュ部分は曲げ伸ばしで劣化し易い部分なので、一旦取り外して劣化部分を切って再接続。
ブッシュ部分に屈曲ストレスが少ない状態になりましたので、これからまた安心して使えますね。
   IMG_5366.jpg
全体的に出音のノイズも減って、動作も問題なく回復したのでまた活躍してくれるでしょう。
中古の同機材を買うよりは高額な修理代になってしまいましたが、中古もコンディションが様々なので…
気に入っているけど動作不調な機材は、買い替えも一つの手ではありますがオーバーホールする事でまた安心して使用出来るようになりますよ。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック