FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
sanpei STRATの全体調整・ノイズ処理
今回はストラトを大胆にぶった切って好みのボディシェイプにして、塗装も行った唯一無二のルックスを持つギターの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_5634.jpg
シングルコイル特有の「ブーン」というノイズが気になる、という事で持ち込まれましたがそのほかの部分も色々と気になるところがありましたので、可能な限り修正していきましょう。

ヘッドは片側6連ペグだったのを、3:3レイアウトに変更!
   IMG_5635.jpg
アジアン製造と思われるロックペグが取り付けられていましたが、とてもガタが大きいペグでしたので今後の交換も含めて提案させていただきました。
   IMG_5639.jpg
ナット溝は概ね高く、余分な肉もありましたので溝切と共に外形の整形も行います。
   IMG_5636.jpg
フレットエッジや指板エッジは角張っていたので面取りをしていきましょう。
   IMG_5637.jpg
トレモロブロックの後端木部もバッサリと切り落とした仕様で、大幅に軽量化されています。
   IMG_5640.jpg
コントロールキャビティは弁当箱と呼ばれる四角くくり抜かれた形状でしたが、シールドは何もされていなかったので確かにこれではノイズが気になると思います。
   IMG_5644.jpg
ピックガード側のシールドもアルミテープがちょっと貼ってある程度。
   IMG_5641.jpg
ハンダ付けも色々怪しいので、一旦全て取り外してクリーニングしてから組み直していきます。
   IMG_5642.jpg
ピックアップにはシングルコイルはSEYMOUR DUNCANのSSL-1、ハムバッカーは古いSH-1が搭載されていました。
   IMG_5643.jpg
シングルコイルに絶縁のアセテートテープを巻いて保護したら、銅箔テープをしっかりと貼り付けて、グラウンドへ接続。
   IMG_5645.jpg
この作業をシングルコイル2個とも行います。
   IMG_5646.jpg
ボディ側にはマスキングをしてから導電塗料を隅々まで塗っていきます。
   IMG_5647.jpg
塗料はほぼ削り落としてから塗っているのですが、僅かに残った元々の青い塗料が溶けて導電塗料の色に混ざっておりますが…
キャビティの端から端でも抵抗値は10Ω以下になるような低い抵抗値を確保しています。

ピックガード裏にはアルミシールドテープをしっかり貼って導通を確保。
ハンダ付けもしっかり行ってローノイズに仕上げます。
   IMG_5648.jpg

当初は1&2弦位置に取り付けされていたリテイナーですが、本来はナットからペグポストまで遠い弦に用いるべきです。
ナットへ下向きにかかる力が不足するのを補う意味がありますので、この場合は2~4弦辺りに用いるのがベストだと思います。
ひとまず3&4弦位置に変更してみましたが今後ペグ交換を行うとまた変わってくる可能性がありますね。
   IMG_5652.jpg
ナット溝や外形も整えて磨き、溝には弦の滑りが良くなるように薄くオイルも塗っています。
(ナット溝に鉛筆の芯を塗り込んで滑りを良くする方法が昔から知られていますが、今はもっと良い潤滑が得られるグリスやオイルがあるのでそれらを使うべきだと思いますね)
   IMG_5653.jpg
指板やフレットのエッジもすべて手作業で面取りを行い、柔らかい握り心地に仕上がりました。
   IMG_5651.jpg
ビフォーアフターでは殆ど見た目が変わらないのですが、ネックの仕込み角度を調整したり、ブリッジサドルの高さ調整などじっくり時間をかけて追い込んで作業しています。
   IMG_5650.jpg
納品後に嬉しい感想をいただけましたので、抜粋紹介させていただきます。

ノイズが全く気にならなくなって、弾き心地も格段に良くなって感動です。
今はこのギターばっかり使っているのですが、ますます他のギターの出番がなくなりました♪


こちらこそご依頼いただきありがとうございます。
これから多くのステージで活躍してくれることを願っております。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック