機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN ST54-145EX/2TSの調整
今回はFENDER JAPAN製ストラトキャスター ST54-145EX/2TSの調整です。

ギター調整記事は件数も増えてきましたが、ノイズ処理やバランス取りという内容が殆どですね。

   DSC05897.jpg DSC05899.jpg
1954年のストラトをモチーフに作られたギターで、アッシュボディにメイプル1ピースネック(ソフトVシェイプ)の材構成です。

   DSC05901.jpg
ネックヒール部分にシリアルナンバーがありますね。
FENDER JAPAN シリアルナンバー検索ページ
正確に特定できる訳ではありませんが、上記リンクで大体の製造年の見当はつけることが出来ます。

これによると1993年製ですね。

その後に1993年当時のカタログを調べるとこのギターが載っていたのでスペックや型番が解った、という流れです。


   DSC05908.jpg
トレモロスプリングはraw vintage製に交換されていました。
このスプリングのタッチや響きは凄く良いと思います。
価格もリーズナブルだし個人的にもオススメです!!

   DSC05902.jpg
今回はチューニングが安定しない・ノイズが多いという事でMooGに持ち込まれた訳ですが、ブリッジを観察してみるとサドル前方の6本のネジを締めすぎていたために、ブリッジ後端が持ち上がってしまっていました。

   DSC05904.jpg
サドルの傾きもバラバラですし、弦が乗る部分も荒れていたのでこれらはバラして磨いた後に組み立てました。
(作業中の写真は撮り忘れました!)

イナーシャブロックとブリッジプレートの接触面を研磨して平面を出したり、プレートのナイフエッジを研ぎ出したり…見えない部分も手が入っています。

次は電装系です。
   DSC05905.jpg
セレクタースイッチとジャックにガリがあったので、今回は電装系は全交換で進めました。

   DSC05907.jpg
ピックアップにはカスタムショップのシールが貼られた物が純正で搭載されています。
コイルがパンパンになるほど巻き数を増やして出力を上げたモデルのようです。
しかしキラキラしたプレゼンス成分も充分にある面白いピックアップという印象でした。

ピックガード裏にはアルミテープを貼り、パーツも選別品に交換しました。
キャビティ内には導電塗料を塗ってありますが、これは定番ですね。
   DSC05921.jpg

配線はグラウンドの18AWG無酸素銅単線以外はBELDENで統一しています。
   DSC05910.jpg
セレクターからの配線は8412をほぐした線を使い、ボリュームポットからは60年代のヴィンテージBELDENを使い、耐久性に優れたミルスペックジャックへつながっています。
この配線材のチョイスには決まりは無く、お客様からの音に対する要望だったり楽器の持つトーンの方向性だったりを考えて合いそうな物を選んでいます。

キャビティ内に塗布した導電塗料にはアースラグを接続してノイズを確実にシャットダウンします。
   DSC05922.jpg

ブリッジは組み上がったらこのような状態です。
   DSC05926.jpg
撮影角度が悪かったためにサドルが傾いているように見えますが、実際は平らです。

チューニングの安定性に関わるナットの溝や、ストリングリテーナーも全て磨いて滑らかに整えました。


フィンガーボードエッジは全て手作業でやすり掛けして丸めてあります。
フラッシュを強く当てているので丸めた部分が白っぽく写っていますが実際はもっと自然な感じです。
   DSC05928.jpg
その後にサンドペーパーでヤスリ目を消し、フレットのエッジを整えてあります。
ネックを握ったときの手に当たる感触がとても柔らかくなるのでこれはオススメですよ。


最終的にワックス掛けしてギターを拭き上げたら完成です。


調整後は気になるノイズも無く、チューニングの狂いも感じなくなったと思います。
重量は重めでしたが、それゆえに芯のある太いトーンで弾いていて楽しくなるギターでした。


ノイズ処理を含む全体調整工賃 \12000
交換パーツ代 \7350
合計 \19350でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック