機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Dunlop GCB-95 Mod
ワウペダルの定番、Jim Dunlop GCB-95のモディファイです。
   DSC06507.jpg
外観は定番の黒い焼き付け縮み塗装。

・基本のトーンキャラクターはキープしつつ、可変幅を増やす。
・シングルコイル・ハムバッキングどちらにも使い易いよう調整する。
・紫色LED付きトゥルーバイパス化

依頼内容はこのような内容でした。


早速中身を見ていきましょう。
   DSC06508.jpg DSC06509.jpg
最近は純正で赤FASELやWIMAコンデンサが載っているんですね…以前より良くなったなぁ。
しかしスイッチは相変わらずカーリング製のSPDTで、つなぐだけでハイ落ちするのは長年変わらないデフォルト。


これをバラして部品交換や配線変更を行いました。
   DSC06512.jpg DSC06513.jpg
基板上はコンデンサや抵抗、ダイオードなど交換していますが、基本トーンを保つためにインプットバッファは残しています。
基板上にはボリュームトリマーを設置してエフェクト音の音量調整が出来るようになっています。
フットスイッチも銀メッキ接点のTPDTに交換し、スイッチ内部でのロスを極力減らしています。
電源部分も改良を行い、ノイズを大幅に減らしてあります。
ペダル可変のカーブを「ゥワゥッ!」から「.ン..コワワワゥゥゥッ!」と息の長い可変に変える為にワウポットも交換しました。

左足でペダルを踏むとの事でインプットジャック側にLEDを設置しました。
   DSC06521.jpg DSC06518.jpg
紫のLEDは広角タイプを使用し、立って演奏する場合でも抜群の視認性を誇ります。
こういう細かい希望にも対応できるのが個人でやっている工房の強みですね。

依頼者の方から以下のような喜びの感想をいただけました。

ワウ本日届きました!
もう・・・・最高です!!!
音はもちろん、踏み心地も素晴らしく紫のLED
もエロかっこいいです(笑)自分だけのワウになりました!

本当に頼んでよかったです!ありがとうございました。


こちらこそご依頼いただきありがとうございます。

今回の内訳は以下の通りです。
・LED付きトゥルーバイパス化 \6000
・ワウポット交換 \4000
・基板上のパーツ変更一式 \4000
請求額が\12000以上の場合は納品時の送料無料です。






お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック