機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
VANZANDT PBV-R2/3TSにピックアップを搭載!!
今回の題材はヴィンテージなルックスにモダンなスペックを調和させ、コストパフォーマンスの高い楽器をリリースしているVANZANDT(ヴァンザント)のプレべタイプであるPBV-R2です。

   DSC06915.jpg DSC06920.jpg
   DSC06921.jpg
極薄のニトロセルロースラッカー塗装が剥がれてきて風格が出始めています。

   DSC06917.jpg
ピックアップはVANZANDTのオリジナルです。
   DSC06918.jpg
コントロールも一般的な1ヴォリューム&1トーンです。

このベースをもっとパワフルにしたい!とのことで、ミュージックマンタイプのピックアップを搭載する事になりました。

ピックアップはSEYMOUR DUNCANのSMB-4Dを持ち込みです。
   DSC06922.jpg

このピックアップを搭載するためにボディに掘り込み加工を行います。
   DSC06940.jpg
部品を全部はずしてからマスキングして、センターを出した後にピックアップのテンプレートを貼りつけます。

そして屋外でトリマーを使って彫り加工を行いました。
   DSC06943.jpg
深さは元々のピックアップと同じ深さになっています。

   DSC06944.jpg
同時にケーブルが通る穴を開けたり、コントロールキャビティも削り加工を行っています。
削って木部が剥き出しになっている部分はこの後に目止めを行ってあります。

次に配線関係を見ていきましょう。
   DSC06927.jpg
これはオリジナルの状態です。
CTS製ポット、スイッチクラフトジャック、クロスワイヤなど、FENDERのヴィンテージに準じた仕様になっています。

こちらは配線変更後です。
   DSC06930.jpg
ヴォリュームポット交換とスイッチが増設されています。
この状態まで行って、先ほどの木材加工が終わったボディと組み合わせていきます。

スイッチ部分のアップです。
   DSC06946.jpg
今回のSMB-4Dは4芯仕様のため、3種類の組み合わせが出来るようにスイッチへ接続しています。

2つのコイルを直列につないだシリーズ
1つのコイルだけ使ったタップ
2つのコイルを並列につないだパラレル


仕上がった状態がこちら!
   DSC06947.jpg
見た目からすでにパワフルです!!
ドイツのベースメーカー、SANDBERGのそれみたい。
   DSC06948.jpg DSC06952.jpg

   DSC06950.jpg
コントロールは、ボリュームをスタックタイプに変更し、上段はプレべピックアップのボリューム。
下段はSMB-4D用ボリュームになっています。
レバースイッチは前述したSNB-4Dの配線切り替えスイッチです。
トーンは元々のままです。

サウンドは元々のヴィンテージっぽい枯れたサウンドから、ゴリゴリでパワフルなスティングレイ系サウンドまでカバーできるようになりました。
これからライブでレコーディングで活躍してくれる事でしょう。


ピックアップキャビティザグリ 8000円
配線修正・部品脱着 5000円
スタックボリューム 1050円
スタックボリューム用ノブ 840円
SMB-4D用マウントスクリュー&スプリング 315円
配線切り替え用トグルスイッチ 840円

合計16045円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック