機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GIBSON MELODYMAKERの大幅改造
GIBSONのスチューデントモデルとしてリリースされ、そのサウンドや取り回しの良さでいまだ人気のMELODYMAKERの調整です。
   DSC06955.jpg
正確にはMELODYMAKER DOUBLEという2ピックアップ仕様のモデルですね。
1965年製という貴重なモデルではありますが、依頼主の希望でオリジナル維持よりも使えるギターにする事になりました。

・チューニングの安定
・ブリッジの高さ&オクターブ調整が出来るようにする
・ビグスビーユニットを搭載したい
・ノイズを減らしたい


このような希望に沿って作業を行います。

ヘッドストックはコストダウンのためにミミと呼ばれる貼り作業が省かれています。
   DSC06958.jpg
ペグは1列仕様の物を付けようとしたがサイズが合わずに無理やり切って取り付けされていました。
正しく固定されていないのでチューニングが安定しませんでした。
   DSC07079.jpg

ヘッド裏側を見ると何度もペグを交換した跡がありました。
   DSC07043.jpg

ペグにはGOTOHのマグナムロック搭載のロトマチックタイプを採用。
   DSC07063.jpg
余分な穴は埋めて修正したり、色を塗ったりして遠目には目立たないようにしてあります。

精悍なヘッドにりました。
   DSC07067.jpg

次にブリッジを見ていきます。
   DSC06956.jpg
オクターブ調整が出来るバダスタイプに交換されていました。
バーブリッジタイプの宿命か、使用によって捻じれてしまい調整が出来ない状態になっていました。

また、ブリッジ前には裏側に貫通するような穴が空いています。
   DSC06960.jpg
ボディ裏側まで貫通した穴↑

部品を取り外してみるとその穴にはパテのような物が押し込まれていました。
   DSC06964.jpg
この穴を少し大きく開け直して木目を揃えたマホガニー材で埋めます。
   DSC06970.jpg
マホガニーの板材からドリルを用いて丸棒を削り出しました。
これをタイトボンドを塗って穴に埋めて接着します。

しまった!!…穴埋めした写真がない…


次に電装系を見ていきます。
   DSC06961.jpg
ハンダは厚盛りで修正跡ありですが、オリジナルパーツが残っています。

シングルコイルピックアップという事でノイズ対策を行います。
   DSC06967.jpg
ピックガードのシールディング。

キャビティには導電塗料を塗布します。
   DSC06974.jpg

ピックアップの取り付けネジが当たる部分は、その部分だけ掘り込んで逃がすようにしました。
   DSC06977.jpg

ブリッジのアンカー部分にピックガードがかかっており、高さ調整がしにくい状態でした。
   DSC07047.jpg

ウィルキンソンのバーブリッジに交換するためにアンカー交換を行います。
   DSC07049.jpg

アンカーを抜いたらこのような状態。
この部分はブリッジで隠れてしまうので、マホガニー材の粉末をタイトボンドと合わせて練ったウッドパテで埋めてから新たにアンカーを打ちこみました。



そしてビグスビーも搭載して微調整します。
   DSC07069.jpg DSC07071.jpg
メロディメーカーのチープな感じが全く無くなってしまいました。

VIBRAMATE社のビグスビー用パーツも取り付け。
   DSC07072.jpg

ピックガードもブリッジやビグスビーが当たる部分を滑らかに削り加工をしてあります。
   DSC07073.jpg

完成はこのようなルックスになりました。
   DSC07074.jpg DSC07075.jpg
ブリッジやペグなどの質量が増したおかげで元来の暴れたトーンが薄れて、倍音が豊かでありながらどっしりとしたトーンになりました。


この後、納品時に「セレクタースイッチ位置が使いにくい!」という事でコントロールの配置を変更しましたので現在のルックスは写真と若干異なりますが、気に入っていただけたようで私も一安心です。

一連の部品は全て依頼主の持ち込みで取り付け対応致しましたが、部品持ち込みの際は入手前に取り付け可能かどうかのお問い合わせをいただけましたら幸いです。
合わない部品を取り付ける加工を行うと結果的に高くなってしまう事もありますからね。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック