機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN JB75-75Mの調整
先日のACETONEアンプのオーナーより、FENDER JAPANのJAZZ BASSであるJB75-75Mの全体調整の依頼をいただきました。

知人から譲ってもらったものだそうで、それから調整などされずに保管してあったとの事。
   DSC08124.jpg
ピックガードが取り外されていますが、譲り受けた時点では無かったそうです。

   DSC08125.jpg
目の詰まったアッシュボディに3点止めでメイプルネックがジョイントされています。

丈夫なポリウレタン塗装でも打痕や塗装剥がれが部分的に発生していますし、クリアコートも焼けて黄色くなり風格がある色合いになっています。
   DSC08126.jpg

ブリッジなどの金属パーツは埃が溜まって、ネジは固着していました。
   DSC08127.jpg

ピックアップは断線していませんでしたが、カバーは汚れていますね。
   DSC08130.jpg

次にコントロール部分。
プレートを介してグラウンド結線を行うのですが、ナットの緩みや表面の酸化など様々な要因が重なりグラウンド接続が不安定な状態になっていました。
   DSC08129.jpg
音は出るけどノイズが盛大に飛び出します!

ペグも動きが渋くなっていたので、取り外して可動部分にグリスアップを行いました。
   DSC08136.jpg
併せてヘッド表側のブッシュには浮きが見られたので圧入し直しておきました。


これらの全体のコンディションを把握する上で、まずはバラしつつ徹底的にクリーニングしてワックスまでかけます。
   DSC08137.jpg
手磨きのみですがツヤツヤになりました。

先にこうして磨いてワックスをかけておく事で、その後の作業で出た削り粉なども簡単に吹き飛ばせるので作業効率のアップにつながります。

そしてマスキングを行って導電塗料を塗り塗り…
   DSC08138.jpg

写真撮影のために経理のGさんに塗っているポーズをお願いしました。
(実際に塗っているのは私のみですけども)
   DSC08139.jpg

導電塗料を塗ったら自然乾燥だけでは無く、ヒートガンで強制乾燥させる事で皮膜が強固になるらしいです。
確かに二度塗りする場合でも定着性が違いますね。
   DSC08140.jpg

導電塗料は引火性があり、揮発蒸気は健康被害を及ぼす有毒ガスに分類されるので、作業の際は必ず換気をしつつ塗布します。

純正ピックアップのカバーを外してノイズ処理を行います。
   DSC08134.jpg

コイルに絶縁テープを巻いて、その上から銅箔テープを巻き、グラウンドに接続します。
   DSC08135.jpg
ポールピースにはこの後で導電塗料を塗ってグラウンドに接続します。
ポールピースを指で触った時のブーッ!というノイズが無くなるので、ベーシストにはオススメの改造ですね。

汚れで曇ったブリッジもバラしてクリーニングしていきます。
   DSC08141.jpg

まずは錆び落としの下準備でCRC5-56に浸します。
   DSC08143.jpg

翌日に引き上げて、ブラシで磨きます。
   DSC08144.jpg

ブリッジプレートはクロームポリッシュで先に磨いておきました。
   DSC08145.jpg
組み立ててみたらサドルの高さを調整するイモネジは錆びが酷くて使えなかったので、新品に交換しました。

ピックアップの下には、一般的にはスポンジを入れてあるのですが、古くなると固まってしまい高さの調整が出来ません。
   DSC08152.jpg
このようなハイトアジャスターを仕込みます。

スポンジの中にスプリングが入った構造で、ベースプレートをグラウンドに接続する事でノイズ低減効果も得られる優れモノ。
   DSC08153.jpg
ピックアップキャビティ深さとほぼ同じ高さですが、柔らかいスポンジなので問題無くピックアップは収まります。

コントロール部ではジャックは交換しましたが、ポットはクリーニングして再利用。
   DSC08154.jpg
グラウンドはOFCの太い単線でガッチリ接続します。

弦を張って調整し、組みあがった状態です。
   DSC08155.jpg
ピックガードが付くと、見た目が変わりますね。

ピックガードは既製品の取り寄せでしたが、大抵はネジ穴位置とかネックポケットサイズとか全てバッチリとは合わないんです。
   DSC08157.jpg
今回もピックガードを僅かに削ったり、ボディのネジ穴を埋めて修正したりと細かい事を行って搭載しています。


シリアルからMade in JapanのE+6桁なので1984-1987年製のベースですね。
ネックのコンディションも良く、これからガンガン使っていけるベースになりました。


ベース全体調整 13000円
JB 3PLY WHITE PICKGUARD(取り付け加工込み) 3150円
PICKGUARD SCREWS(NI) 546円
SWITCHCRAFT MONOジャック 420円
D'Addario EXL165 2100円
MONTREUX HAJ-J 2個 @420 840円
サドル用イモネジ 340円

合計20396円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック