機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN STR-RK(SRS)の全体調整
以前にもFENDER JAPAN STR-RK(SWS)の全体調整という記事を書いたのですが、今回はその色違いモデルの調整です。
   IMG_0379.jpg
黒地に赤いギター(しかも中央部は明るい白)を写真に奇麗に撮るのはどうにも難しいです…

ナット溝がとにかく高く、1フレットを押さえると半音と1/4音程度シャープしてしまうような状態でした。
   IMG_0384.jpg
勿論、外形と共に調整します。

指板やフレットエッジはFENDER JAPANでは一般的な仕上げ。
   IMG_0383.jpg
これもそのままにせず、Studio GREAMでは定番の面取りを行っていきます。

ピックガードを外してみました。
   IMG_0387.jpg

以前の記事にあったような、ピックアップからの配線がグチャッと束ねられたような状態にはなっていませんでした。
   IMG_0389.jpg
ポットの背中もしっかりとグラウンドをつなぐ配線が施されていて、この点は好印象です。
   IMG_0388.jpg

そしてアッセンブリの組み込み作業後はこちらです。
   IMG_0431.jpg
アルミシールドテープの貼り込みや、電装系部品の全交換を行っています。

トーン回路はグレースバケットトーンを採用。
   IMG_0432.jpg
完全に絞ってもこもりすぎず、ゲイン落ちも緩和されるので、積極的にトーンポットを操作できるようになると思います。

続いて、ボディには導電塗料を塗り込みました。
   IMG_0433.jpg
アースラグで確実にグラウンドへ接続します。

ナット溝や外形を整えた状態はこちら。
   IMG_0435.jpg
音程の嫌なシャープ感も無くなりました。

指板エッジが当初に比べて丸く滑らかになっているのが確認できるかと思います。
   IMG_0439.jpg

そして、ネジ類を可能な範囲でステンレス製に交換しました。
   IMG_0471.jpg
ゴールドパーツにステンレスの鈍い銀色という組み合わせが、PRS社のコンビネーションカラーみたいですね。
   IMG_0472.jpg
最後に、フローティングや弦高などの調整をしっかりと突き詰めて完成!
   IMG_0470.jpg
とても立ち上がりの早いサウンドでありながら、ノイズレスなギターになり、自信を持って納品をさせていただきました。

納品後に、以下のような感想をいただきました。
(改行調整以外はそのまま転記しています)
「無事ギターを受け取りました。
早速弾いてみましたが、なんというか、なんじゃこりゃ!すげぇ!ここまで変わるのか!とビックリしました。

まず、ノイズが皆無で、音がスッキリしてクリアになりました。
以前に比べ、ハイがクッキリ出ており、弾いていてストレスがないです。

ボリュームは絞っても自然に音が減衰してる感じですし、トーンも篭るのではなく、充分に使えるレベルで音色が変化する感じです。
音のバリエーションが増えたと言うのが正しい表現かもしれません。

弦高も弾きやすく調整してありますし、トレモロ調整も指定通りです。
フレットも角が取れていて、フィンガリングにストレスを感じません。
ギターのリペアをお願いするのは、初めてで不安があったのですが、Studio GREAMさんにお願いして大正解でした!
本当感動しました!
余裕ができたら、他のギターもお願いします!
また、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。」


こうしてお喜びいただけるととても充実感がありますね。
こちらこそ、ご依頼いただきありがとうございました。




以前に上記のような全体調整&ノイズ処理を行ったギターですが、部品交換と共にルックスも変更したいという依頼で再びお預かりとなりました。
金属パーツは元々はゴールドカラーですが、経年で艶が無くなりくすんできてしまいます。
   IMG_4121.jpg
フェンダーのシンクロナイズドブリッジは、より滑らかなアーミングとチューニングの安定のためにブリッジも交換します。
   IMG_4122.jpg
舟形ジャックプレートは他の金属パーツと同じカラーに変更し、ネックジョイントプレートは持ち込みいただいたF.C.G.R.のブラス製プレートに交換する事になりました。
   IMG_4124.jpg
純正ペグはGOTOH SG381のパールボタンが搭載されていましたが、これも色変更も兼ねて交換です。
   IMG_4123.jpg

部品は大半は持ち込みいただいて、交換作業を行いました。

まずはブリッジはWILKINSON VSVGに換装し、3弦12フレットで1.5音アップ出来るフローティング量に調整してあります。
   IMG_4128.jpg
サドル上での弦の横ズレや、サドル自体の横ズレも無くなり、とてもサウンドが締まりました。
しかしプレスサドルによるヴィンテージ系の倍音もちゃんと出る、良いブリッジだと思います。

トレモロスプリングはRAW VINTAGEの物を5本張ってありましたが、アーミングのテンションも考えて4本に変更しました。
   IMG_4125.jpg
ペグは同じ型番ではありますが、MG-Tというトラディショナルなダイヤルロック付きで、ペグボタンも変更して、よりコンポーネント感が増しました。
   IMG_4130.jpg
この裏のダイヤルを指で回して弦をロックしてからチューニングを始めます。
   IMG_4131.jpg
ネックの収縮もあって飛び出したフレットのバリを落として磨いたり、ネックの反りなども調整して完成です。
   IMG_4126.jpg
今後はピックアップの交換などを検討されているようですが、好みの仕様に近付くようにご相談いただけてありがたいです。
また納品後に感想のメールをいただきましたので、改行等の修正だけで基本的にそのままご紹介させていただきます。

我慢出来ずに会社を無理矢理早めに上がり、3時間程弾きました。
取り敢えず感動を伝えねばとメールさせて頂きました!

ニヤニヤが止まりませんね!
根元の部分は変わらないのですが、ガラリと変わりましたね!
自分の想像を良い意味で裏切ってくれました。

一度に色々変えたので、どこがどう影響を与えているのかは不明ですが…

個人的にはトレモロの仕組みと印象から、ギラつき感が増すのかなと思いきや、整った音になった印象です。
高域が引っ込んだのか、中域低域辺りが出たのか分かりませんが、弾きやすい扱いやすい音になりました。
でも、ギラギラした感じはちゃんと出てる。
変にギャンギャン言わなくなったのでアンプの設定が変わりました。
各弦の分離感が良くなり、音にスピード感が出たような気がします。
カチッカチッとハマる感じがして、とても気持ち良い…

調整も完璧で、フレットサイドのバリが整えてあり、フィンガリングにストレスを感じなくなりました。
気になっていた弦のタッチはかなり改善してました!
10~46弦のままなのでテンションは変わらないはずなのに、全体的に柔らかい印象に…
特に2~3弦の変化は丁度良いです。
若干1弦が硬めかなと感じましたが、慣れの範囲ですかね。
09~46への変更も案にありましたが、このままでいけそうな感じです。
弦高も絶妙で、攻めた感じが伝わるセッティング。
これ以上下げたらパシャパシャした音になってしまう1.5歩手前な印象…ツボでした。
最後にトレモロのタッチが最高です!
しなやか!求めてたトレモロの感触です。これこれ!みたいな。

期待以上の変化に、テンションが上がりました!
楽し過ぎるので、今日は限界まで弾こうと思います。

今回も本当にありがとうございました!
次はPU交換ですかね(笑

また、よろしくお願い致します。


と、毎度お喜びの感想をいただけてありがたいです。
楽器のストレスを無くしていくセットアップを心掛けているので、またよろしくお願い致します。



と、上記のように金属パーツの交換を行ったのですが、最終的にピックガードとピックアップを交換する事になりました。

ピックガードはFENDER純正のアルミアノダイズドをチョイス。
   IMG_4245.jpg
ピックアップはSUHRのML-SETをノイズ処理して搭載しました。
スイッチやポットなどの他のアッセンブリーは移植しています。
   IMG_4244.jpg
ピックガードはネジ穴が合わない事が殆どなので大抵そのまま取り付け出来ず、ボディ側のネジ穴を埋めて開け直して…
バッチリ取り付けを行っています。
   IMG_4247.jpg
もはや元々のギターで残っているのはネックとボディの木材のみという大改造を経て完成した一本です。
   IMG_4246.jpg
これからオーナー様の代え難い相棒になっていってくれると良いなと思う次第です。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GIBSON MV-Ⅱの全体調整&ノイズ処理
今回は何とも珍しいGIBSON MV-Ⅱの全体調整&ノイズ処理です。
1981年~1984年の4年間だけ作られた知られざるギターで、GIBSONがテレキャスターやストラト(MV-Ⅴ)を作ったらこうだ!というようなギターですね。
   IMG_4248.jpg
2ハムバッカーですが、ミニスイッチでコイルタップする事でネック側コイルが生きる2シングルとなります。

Candy Apple Red MetallicもGIBSONでは珍しいカラーですね。
   IMG_4260.jpg
ヘッド形状は角度付きでノンリバースのファイヤーバードスタイル。
   IMG_4251.jpg
ボディもネックも全てメイプルで作られているので、実は見た目以上に重量があります。
   IMG_4261.jpg
フレットとナットが交換されているとの事で入手されたそうですが、フレットエッジには引っかかりがあり、バリバリと引っかかる感じでしたので、これは面取り必須ですね。
   IMG_4250.jpg
国産のTOMブリッジに交換されていましたが、オリジナルは3ポイントトップアジャストTOMブリッジというタイプが使用されていました。
   IMG_4249.jpg
リアピックアップはポールピース自体がアルニコマグネットを用いてFENDERシングルスタイルの作りになっている新開発ハムバッカー。
フロントはヴェルベット・ブリックという名前のハムバッカーでしたが、なかなか情報が見つかりません。

ピックガードを開けてみると、3シングルのMV-Ⅴと共用のキャビティザグリが見受けられます。
   IMG_4252.jpg
塗装の下に炭素系導電塗料が塗り込まれていましたが、この個体に関してはグラウンドに接続されておらずラグ端子だけ残されていました…
   IMG_4253.jpg
ヴォリュームポットからジャックへつながるシールド線は、まさかの絶縁されておらずミニスイッチに絡みついています。
これではショートするのも必然なので、組み直し時にはしっかりと絶縁処理しましょう。
   IMG_4254.jpg
塗装の下にある炭素系導電塗料まで削り落してから、改めて導電塗料を塗っていきます。
   IMG_4255.jpg
アースラグ端子で確実にグラウンドへ接続します。

ピックガード裏側にはアルミシールドテープを貼って、アッセンブリを組み直し。
   IMG_4256.jpg
ハウリングが目立つとの事でピックアップを確認してみるとワックス含浸がなされていないようでしたので、この機会にワックスポッティングも行いました。

3WAYのピックアップセレクタースイッチは接点クリーニングを行い再利用を試みましたが、接触不良が出るので結果的にはこの後で交換となりました。
   IMG_4257.jpg
お持込みいただいたコンデンサの表示は0.01uFとなっていますが、実測0.023uFになっていましたのでひとまずこのまま使用する事にしました。

フレットエッジのバリも落として、面取りを行い、やっと柔らかい握り心地になりました。
   IMG_4259.jpg
全体的に手垢や汚れがこびりついていたので、コンパウンド入りワックスで汚れを落として綺麗にしています。
   IMG_4258.jpg
とても個性的なギターですが、いかんせん重い(笑)
サウンドはオールメイプルによるタイトでよく伸びる硬質なキャラクターですので存在感のあるサウンド、同社のRDなどにも近い雰囲気でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER JAPAN TL69 BLFの全体調整
今回はオーナー様の拘りが詰め込まれたレプリカ作成のお手伝いをさせていただきました。

特徴的なカラーが目をひく一本。
FENDER JAPANのTL69-BLFです。
   IMG_4174.jpg
探しに探してやっと中古美品を入手されたそうで、すぐに改造にお持込みいただきました。

フレットエッジなどはフェンジャパ定番仕上げなのですが、もう少し面取りを行っておきたい状態です。
   IMG_4177.jpg
透明アクリルピックガードはフロントピックアップ部分だけ裏側から塗装されてピックアップキャビティを隠してある仕様。
   IMG_4176.jpg
ピックアップは前後共にFENDERのTL-Singleが搭載されていましたが、今回は交換します。
   IMG_4175.jpg
コントロールはスタンダードな内容ですが、中身は全て交換します。
   IMG_4178.jpg
ストラップピンは、オーナーの指定でシャーラーのロックピン(クローム)へ交換しますが、交換後の写真を撮っておくのを忘れてしまいました。
   IMG_4180.jpg
ジャック部分もこのスタイルはグラついたり、L字プラグが使えなかったりと何かと不便ですので、四角いメタルプレートへ交換する事になりました。
   IMG_4182.jpg
ボディの上に花柄のクロス?シート?を貼って、クリア塗装で塗り込んであります。
   IMG_4181.jpg
キャビティは一切ノイズ処理がなされていない状態でしたので、今回の作業では導電塗料の塗布も行います。
   IMG_4184.jpg
お持込みいただいたメタルエスカッション&SH-1nハムバッカーと純正ブリッジは、全体的に細かいキズなどの使用感を合わせていきました。
ライトエイジド処理という感じですね。
   IMG_4185.jpg

この辺りまで見て、ピーンときた人は実はMr.Childrenのファン率が高いのではないでしょうか。
2016年の熊本地震の被災地支援のために桜井さんがチャリティーオークションに出された同ギター仕様をそっくりに仕上げたい!との事で、チャリティー時に展示されていた実物の写真も撮影されており、資料として持ち込んでいただきましたので、細かいところも照らし合わせながら再現に努めました。

指示に従ってボディをザグリ、キャビティ内の塗装も削り落していきます。
   IMG_4191.jpg
導電塗料を塗って、アースラグで確実にグラウンドへ接続します。
   IMG_4202.jpg

サクッと次の写真に来てしまいましたが、オリジナルのピックガードを元にパールホワイトのピックガードも作成しました。
  IMG_4203.jpg
普段は4層(パール/白/黒/白)の素材を使用していますが、今回は3層(パール/白/黒)の指定だったので素材を手配して作成しました。

ブリッジピックアップはリンディフレーリンのBROAD CASTERを手配して搭載しました。
   IMG_4233.jpg
アッセンブリは選別したCTSポット、オレンジドロップコンデンサ、CRLセレクタースイッチと細かい部分まで拘ったレプリカを目指して組み上げています。
   IMG_4231.jpg
セレクターノブは丸型のブラックが指定でしたので、しっかり交換しました。
   IMG_4205.jpg
ジャックプレートは金属製に換装してあります。
   IMG_4239.jpg
フレットエッジは丸みを帯びた仕上げにしつつ、指板エッジも軽く面取りを行いました。
   IMG_4236.jpg
ピックガード複製が終わった時点で一度オーナー様に預けてステッカーを貼っていただいて組み込みました。
   IMG_4235.jpg
フロントピックアップのエスカッションはピックガードにネジ止めしてありますが、ボディ側にはネジが当たらないように逃げを作っているのでピックガードマウントのような状態になっています。
ピックガードも開けやすく、メンテナンス性も考えた上でこのような仕上がりに。
   IMG_4241.jpg
ボディ裏側にも納品前にステッカーを貼っていただきましたが、フィルム素材が厚すぎたとの事で、納品後に改めて貼り直しされるご予定との事でした。
ステッカーの厚みにまで拘りを注入した渾身の一本ですね。
   IMG_4237.jpg
調整作業後に全体的にワックスをかけて完成です。
   IMG_4234.jpg
ピックアップの手配に時間がかかってしまいましたが、見た目はかなり追い込んだレプリカでありつつ、不具合が出ず快適に使える一本になったと思います。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
KAWAI unitone(?)の全体調整・修理
今回はビザールギターというカテゴリになるのでしょうか、KAWAIのUnitone(オーナー談)の全体調整です。

細部を見ていくとあちこちに残念な設計がありまして…
   IMG_4139.jpg
ブリッジを目いっぱい下げてもこの弦高…スライド専用か?という高さです。
   IMG_4140.jpg
ネックジョイント部には厚めの紙シムを挟んで角度を付けてあったにもかかわらずの弦高です。
   IMG_4143.jpg
全てのネジがとにかくサビまくっていて、これもネック取り外し時にネジが折れた状態です。
プライヤーで掴む事が出来る状態でしたので、何とか外してネジは交換します。

そして実は同じギターを2本お持込みいただきまして、コンディションの良い部品を組み合わせて1本を仕上げる事になりました。
  IMG_4144.jpg
ブリッジバーを一番下げてもあの弦高ですし、そもそも指板には10インチのR付きなのにブリッジは直線構造。
これでは3&4弦でビリ付かない高さにすると1&6弦の弦高が高くなりすぎます。
   IMG_4146.jpg
トレモロ部分からブリッジバーへの弦が通る角度も浅くて、強く弾いたら弦が外れる状態。
   IMG_4145.jpg
トレモロ自体は一度バラして、摺動部に注油してから組み直します。

ヘッドは長くて高音弦には共振が出そうな雰囲気のデザイン。
   IMG_4148.jpg
弦押さえのテンションバーはヘッド裏側からナット止めされている構造です。
0フレット付きなのでナットは弦の通る位置を決めるガイドなのですが、弦間ピッチはバラバラだし、外側に寄り過ぎていて押弦すると弦落ちする状態でしたので、ナットは作り直します。
   IMG_4147.jpg

部品を全て外してみると…ピックガードを止めているネジは全て中で折れて残ってしまい、その撤去と補修が必要な状態。
   IMG_4149.jpg
積層合板ボディとはいえ、無駄に深く掘られたピックアップキャビティや、ネックポケットの適当さ…色々修正したい箇所があります。

ネックポケットは平面を出しつつ塗料の除去を行いました。
折れたネジを撤去した後で、ネジ穴はマホガニープラグで埋めました。
ピックアップキャビティ内には弦と平行方向に突っ張るようなサイズでハードメイプルを削り出して接着し、ボディセンターラインの強度を向上させます。
   IMG_4150.jpg
導電塗料を塗って、アースラグを引いておきます。
(元々弦アースが取られていない構造でしたが、今回の作業にあたりトレモロユニット部にアース配線を追加しています)
   IMG_4161.jpg
ピックガードを取り付けるネジ穴も改めて開け直した上で、ネジ穴には面取りを行います。

次に電装系を見ていきましょう。
これは取り外した元々のアッセンブリ。
   IMG_4158.jpg
全ての部品を金属製のピックガードに搭載した作りになっています。
2ヴォリューム、マスタートーンで、ピックアップの個別ON/OFFスイッチとトーンをON/OFFするスイッチが用意されています。
   IMG_4159.jpg
部品は全て取り外して、スイッチは接点クリーニングを行い再利用。
ポット、ジャックは新品交換してトーンコンデンサは持ち込まれた物を搭載しました。
   IMG_4162.jpg
配線材にはBELDEN8503を信号ラインとグラウンドラインとを撚り合わせて使用しています。
   IMG_4163.jpg
ピックアップON/OFFスイッチからヴォリュームポットまではBELDENの2芯シールド線で接続。
細身なのにアルミフォイルシールドで、内部配線材も22AWGゲージなので重宝しています。
   IMG_4164.jpg

ナットはTUSQの角材から削り出して作成しました。
   IMG_4153.jpg
弦位置を決めるガイドなので、溝幅は通常のナットよりもほんの少し広く切りました。
手に当たって痛くないように、全体的に丸みを持たせた仕上がりに整えます。
   IMG_4170.jpg
0フレットは摩耗によって他のフレットよりも低い状態で解放音だけビリ付く状態でしたので、0フレットだけ少し背の高い物に交換して調整しています。
   IMG_4171.jpg

そもそものネック仕込み角度が設計から合っていなくて弦高が高い状態でしたので、ローズウッドで角度付きシムを作りました。
   IMG_4165.jpg
ポケット奥側は3.2mm、手前は2.2mmの傾斜付きになっており、ネックの仕込み角度を確保しつつボディとネックが面で接するようになっています。
   IMG_4172.jpg
ネックジョイントスクリューは純正よりもこのシムの厚さ分長いものを用意して交換してあります。

フレットエッジや指板エッジは定番の面取りを行っていまして、弦高も常識的な高さまで持っていけました。
   IMG_4169.jpg
ブリッジが直線バーだと指板Rに合わないので、バーの弦位置をヤスリで削ってブリッジ上にRを形成しています。
   IMG_4167.jpg
それでもオクターブ調整は出来ないので、もっと正確なチューニングを求めるとTOMブリッジへ換装という手もありますが…
ビザール感を持たせたままどこまで部品交換をするかというのが難しいポイントだと思います。

全体的にワックスをかけて完成。
   IMG_4166.jpg
フレットレベルのバラツキもあり、出来れば擦り合わせを行うなりフレット交換をするなりしたい状態ではありますが、今後使っていく上でご検討いただければと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
DECIEVER aNの全体調整&ノイズ処理
今回はProvidenceがリリースするギターブランドDECIEVERのaNというモデルの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_4099.jpg
色々と試行錯誤して部品交換などされてきている感じで、元々のスペックは判りませんが全体的にとても精度が高く作られている印象です。
   IMG_4097.jpg
信号の劣化を抑えるVitalizer®が搭載されていますが、これはプレベのピックアップカバーに回路を入れて樹脂モールドしているのですね。
   IMG_4098.jpg
配線があっち行きこっち行きしているので、一度全て外して無駄を排除して組み直します。
   IMG_4102.jpg
キャビティには炭素系導電塗料がしっかりと塗られていましたが、部分的に塗り忘れもあり…
一度削り落してから、銅系導電塗料を塗り直していきます。
   IMG_4105.jpg
5wayのメガスイッチが使用されていますが、配線は一般的なストラト配線になっていました。
フロント+リアに強制的に移行するスイッチがピックガード上に用意されていて、オーナーの理想とする演奏性やサウンド追及の試行錯誤が見て取れます。
   IMG_4101.jpg
リアハムバッカーはトーンポットにつながってはいませんが、トーンポット全開状態でつながっているような状態で固定されていました。
(トーン回路はポット全開でもつながっているだけでサウンドは変わります)
   IMG_4103.jpg

今回はセレクタースイッチは3wayにしてフロントとリアをコントロールする、テレキャスターのような配線を基本にしました。
その上で、ミニスイッチはセンターピックアップのON/OFFに変更して、3つのピックアップを鳴らすという事も出来るようになっています。
   IMG_4106.jpg
ヴォリュームポットは軽い回転トルクで滑らかなカーブになるように、との希望でしたので抵抗値の選別を行いチョイスしました。
   IMG_4107.jpg
配線はBELDENの4芯シールド線を用いて、フロントとリアピックアップそれぞれのトーン用と、アウトプット、LEDの電源(9V+)をまとめています。

導電塗料を塗り直したのだけれども、綺麗に写っている写真がなくて申し訳ない…
   IMG_4108.jpg
どのポイント間でも導通抵抗100Ω以下になるようにチェックして塗っています。

トーン回路ですが、希望が特殊でして…シングルコイルは250Kポットに0.033uFコンデンサ、ハムバッカーは500Kに0.022uFという希望でした。
トーンポット2段積みにしての対応も考えましたが、操作性が悪いので…
1軸2連ポットを使い、ピックアップセレクターに連動してトーンポットの抵抗値とコンデンサが切り替わるようにしてみました。
   IMG_4109.jpg
狭いキャビティ内で干渉しないように、上手い事収納出来たと思います。

指板やフレットエッジはお預かり時はこのような状態でしたが…
   IMG_4100.jpg
定番の面取りを行って柔らかい感触のグリップになりました。
   IMG_4112.jpg
ブリッジは3弦12フレットで1音半アームアップ出来るフローティングにしつつ、弦高やオクターブを調整して完成となりました。
   IMG_4110.jpg
センターピックアップのON/OFFは平レバースイッチ、Vitalizer®のON/OFFはショートレバースイッチ、コントロールノブにはポインターワッシャー追加、レバースイッチキャップは角型タイプと、細かい希望もお伝えいただいておりましてたので、それに沿って部品の用意を行いました。
   IMG_4111.jpg

納品後に感想のご連絡をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

まず、ネックのフィット感に驚きました!
フレットがとても滑らかで、スライド時に押弦した指がツルッと滑っていくような感覚がとても新鮮で、まるでストレスを感じません!

そして、ノイズがありません!
感覚的にはもう「完全になくなった」と言えるレベルです。
これまでシングルコイルを歪ませた時のノイズが気になっていましたが、構造上仕方のないものだと諦めていました^^;
静かな曲でもノイズレスにプレイできるのは本当にありがたいです!

そして肝心の音質ですが、生音からかなり違いがあり、柔らかく倍音が整っていてダイナミクスに余裕を感じました。
アンプを通してみるとはじめはとても「ぷりっ!」とした印象で、以前よりも弦の「バウンド感」が格段に増しているのがすぐに分かりました!
てっきり高域が以前よりも控えめになったのかと思いましたが、高域もむしろ鮮度を増していて、その上で本来の太さを取り戻したような印象です。
ボリュームポットも希望したとおり、とても軽い質感で気に入っています。
ボリュームを絞ったときのカーブがとても良いですね!
高域もナチュラルに維持される感じでとても扱いやすいです!

以前からブログは拝見していましたが、丁寧な作業のひとつひとつにより、ここまでの違いが生まれるとは思いませんでした。
月並みな表現ですがこのギターの『本来のポテンシャル』が引き出されたような印象です。
本当に驚いています!!
元々とても気に入っているギターでしたが、おかげさまでさらに愛着が増しました!
これからも大切に使わせていただきます!!

Studio GREAMさんはとにかく作業が丁寧で、対応が素晴らしく価格も良心的なので、いつも本当に助かっています!
今後ともよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました!!



このようにお喜びのお言葉をいただけると、手抜きせずに精一杯やって良かったなぁと満足感を得られますね。
同様の感想を今後もいただけるように、全ての仕事に精一杯対応していきたいと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp