機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN TL69 BLFの全体調整
今回はオーナー様の拘りが詰め込まれたレプリカ作成のお手伝いをさせていただきました。

特徴的なカラーが目をひく一本。
FENDER JAPANのTL69-BLFです。
   IMG_4174.jpg
探しに探してやっと中古美品を入手されたそうで、すぐに改造にお持込みいただきました。

フレットエッジなどはフェンジャパ定番仕上げなのですが、もう少し面取りを行っておきたい状態です。
   IMG_4177.jpg
透明アクリルピックガードはフロントピックアップ部分だけ裏側から塗装されてピックアップキャビティを隠してある仕様。
   IMG_4176.jpg
ピックアップは前後共にFENDERのTL-Singleが搭載されていましたが、今回は交換します。
   IMG_4175.jpg
コントロールはスタンダードな内容ですが、中身は全て交換します。
   IMG_4178.jpg
ストラップピンは、オーナーの指定でシャーラーのロックピン(クローム)へ交換しますが、交換後の写真を撮っておくのを忘れてしまいました。
   IMG_4180.jpg
ジャック部分もこのスタイルはグラついたり、L字プラグが使えなかったりと何かと不便ですので、四角いメタルプレートへ交換する事になりました。
   IMG_4182.jpg
ボディの上に花柄のクロス?シート?を貼って、クリア塗装で塗り込んであります。
   IMG_4181.jpg
キャビティは一切ノイズ処理がなされていない状態でしたので、今回の作業では導電塗料の塗布も行います。
   IMG_4184.jpg
お持込みいただいたメタルエスカッション&SH-1nハムバッカーと純正ブリッジは、全体的に細かいキズなどの使用感を合わせていきました。
ライトエイジド処理という感じですね。
   IMG_4185.jpg

この辺りまで見て、ピーンときた人は実はMr.Childrenのファン率が高いのではないでしょうか。
2016年の熊本地震の被災地支援のために桜井さんがチャリティーオークションに出された同ギター仕様をそっくりに仕上げたい!との事で、チャリティー時に展示されていた実物の写真も撮影されており、資料として持ち込んでいただきましたので、細かいところも照らし合わせながら再現に努めました。

指示に従ってボディをザグリ、キャビティ内の塗装も削り落していきます。
   IMG_4191.jpg
導電塗料を塗って、アースラグで確実にグラウンドへ接続します。
   IMG_4202.jpg

サクッと次の写真に来てしまいましたが、オリジナルのピックガードを元にパールホワイトのピックガードも作成しました。
  IMG_4203.jpg
普段は4層(パール/白/黒/白)の素材を使用していますが、今回は3層(パール/白/黒)の指定だったので素材を手配して作成しました。

ブリッジピックアップはリンディフレーリンのBROAD CASTERを手配して搭載しました。
   IMG_4233.jpg
アッセンブリは選別したCTSポット、オレンジドロップコンデンサ、CRLセレクタースイッチと細かい部分まで拘ったレプリカを目指して組み上げています。
   IMG_4231.jpg
セレクターノブは丸型のブラックが指定でしたので、しっかり交換しました。
   IMG_4205.jpg
ジャックプレートは金属製に換装してあります。
   IMG_4239.jpg
フレットエッジは丸みを帯びた仕上げにしつつ、指板エッジも軽く面取りを行いました。
   IMG_4236.jpg
ピックガード複製が終わった時点で一度オーナー様に預けてステッカーを貼っていただいて組み込みました。
   IMG_4235.jpg
フロントピックアップのエスカッションはピックガードにネジ止めしてありますが、ボディ側にはネジが当たらないように逃げを作っているのでピックガードマウントのような状態になっています。
ピックガードも開けやすく、メンテナンス性も考えた上でこのような仕上がりに。
   IMG_4241.jpg
ボディ裏側にも納品前にステッカーを貼っていただきましたが、フィルム素材が厚すぎたとの事で、納品後に改めて貼り直しされるご予定との事でした。
ステッカーの厚みにまで拘りを注入した渾身の一本ですね。
   IMG_4237.jpg
調整作業後に全体的にワックスをかけて完成です。
   IMG_4234.jpg
ピックアップの手配に時間がかかってしまいましたが、見た目はかなり追い込んだレプリカでありつつ、不具合が出ず快適に使える一本になったと思います。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
BACCHUS Woodline4/Ashの全体調整&改造
今回はBACCHUS Woodline4/Ashの全体調整&改造です。

オークションで入手したそうですが、受領してすぐに当店へ調整と改造依頼をいただきました。
   IMG_4192.jpg
届いてチェックして、何よりも驚いたのが材料の質や加工精度の高さ!
「これは当たりですよ、私が自分用に欲しいぐらい!!」とオーナーと盛り上がってしまいました。

指板表面には沢山弾いた塗装擦れがある割にはフレット減りが少なくて、柔らかいタッチで弾かれていたのかな、と思う状態でした。
   IMG_4195.jpg
フレットやバインディングエッジは軽く面取りしたらOKなぐらい、細かいところまで丁寧に作られていて…
   IMG_4194.jpg
ネックのトラスロッドもバッチリ効いて、本当に素晴らしいコンディション!と感心しながらの作業でした。

ピックアップやコントロールも全然悪くは無いのですが、今回はプリアンプ搭載と共にパッシブでもノイズレスで使用出来るようにピックアップとプリアンプを交換します。
   IMG_4193.jpg
見た目の変化も兼ねてピックガードも新規作成する事になったので、結構大がかりな変化がある事になりますね。

コントロールキャビティには導電塗料が塗られて、アースラグでグラウンドに接続されていて、いつ見てもバッカスの仕事は綺麗です。
   IMG_4196.jpg
トーンノブを引っ張ると前後のピックアップが直列のハムバッキング接続になるワイヤリングが行われていました。
   IMG_4197.jpg
しかしヴォリュームポットに取り付けられている抵抗とコンデンサは、2ヴォリュームのジャズベースには要らないと思っています。
(1ヴォリューム&バランサーならば効果あると思いますが)

そしてこのネックポケットのネジ穴面取りが行われている事に感心します。
   IMG_4198.jpg
木ネジは締めると外側に盛り上がるので、平面で合わせていてもそれを広げる力が加わるのですが、面取りで逃がしてあるとボディとネックがタイトに組み付けられます。

ピックアップはaguilarのAG 4J-HCという、ハムキャンセル構造を持つピックアップをチョイス。
   003_20170408205216da3.jpg
内部はこのように2個のコイルが直列になった構造で、単体で鳴らしても不快なハムノイズが乗らないようになっています。
   IMG_4212.jpg
サウンドはヴィンテージテイストを持ちながらも、音作りがし易いトーンでニュアンスも表現する良質なピックアップだと思います。

アッセンブリもaguilarのOBP-3を搭載するために、コントロールプレートを5穴に変更して組み込みを行います。
   008_201704082052179c7.jpg
マスターヴォリューム(プリアンプスルー)、ピックアップバランサー、ミドル(フリケンシー切り換え400or800Hz)、トレブル&ベースという構成になっています。
   009.jpg
配線本数が多くて大変ですが、やっていると楽しくなっちゃうので意外にも好きな作業です。

ジャックがボディ側面にあればもう少しスペースに余裕が生まれるのですが、これでも何とかなりますね。
   IMG_4213.jpg
あら、作成したピックガードがちらっと見えてしまいました(笑)

プリアンプを搭載するという事は電池を入れないとならない訳ですが、キャビティ内にはとてもスペースが無いのでバッテリーボックスを増設する事になります。
   IMG_4199.jpg
電池ひとつの9Vか、2個使っての18Vかを相談した上で9V仕様になりました。
テンプレートを当てて、トリマーで切削して目止め塗装を行います。
   IMG_4201.jpg
バッテリーボックスはESPのステンレスタイプをチョイスしました。
   IMG_4216.jpg
GOTOHの電池ボックスが省スペースで良いのだけど、壊れたり接触が悪くなったりでトラブルが多いので…
設置スペースが確保できる時はESP製やkeystoneのボックスを使うようにしています。
   IMG_4217.jpg

そしてペグですが、どういう使い方をしたらあんなに摩耗するの?と思うぐらいにギアが削れてしまっていまして、同モデル新品に交換しました。
   IMG_4215.jpg
明らかに違う滑らかな動きで、これが本来か!という安心感。

指板やバインディングエッジも面取りして、指板上の擦れ跡も研磨して消していますので、全体的に柔らかい握り心地に仕上がっています。
   IMG_4214.jpg
そしてピックガードですが、元々のクリアアクリルから赤べっ甲の4プライで作り直しました。
   IMG_4211.jpg
アッシュボディのナチュラルカラーに赤べっ甲ガードは鉄板に格好良いですね。
クリアよりも引き締まった印象に感じます。

肝心のサウンドはミドルが芳醇でありながら、全体的なレンジも広くてジャンルを問わず使えるオールマイティーな1本に仕上がったと思います。
多くの部品交換が発生しているので、なかなかな価格になってしまいましたが、これから安心してバリバリとセッションやバンド活動で使ってもらえると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
KAWAI unitone(?)の全体調整・修理
今回はビザールギターというカテゴリになるのでしょうか、KAWAIのUnitone(オーナー談)の全体調整です。

細部を見ていくとあちこちに残念な設計がありまして…
   IMG_4139.jpg
ブリッジを目いっぱい下げてもこの弦高…スライド専用か?という高さです。
   IMG_4140.jpg
ネックジョイント部には厚めの紙シムを挟んで角度を付けてあったにもかかわらずの弦高です。
   IMG_4143.jpg
全てのネジがとにかくサビまくっていて、これもネック取り外し時にネジが折れた状態です。
プライヤーで掴む事が出来る状態でしたので、何とか外してネジは交換します。

そして実は同じギターを2本お持込みいただきまして、コンディションの良い部品を組み合わせて1本を仕上げる事になりました。
  IMG_4144.jpg
ブリッジバーを一番下げてもあの弦高ですし、そもそも指板には10インチのR付きなのにブリッジは直線構造。
これでは3&4弦でビリ付かない高さにすると1&6弦の弦高が高くなりすぎます。
   IMG_4146.jpg
トレモロ部分からブリッジバーへの弦が通る角度も浅くて、強く弾いたら弦が外れる状態。
   IMG_4145.jpg
トレモロ自体は一度バラして、摺動部に注油してから組み直します。

ヘッドは長くて高音弦には共振が出そうな雰囲気のデザイン。
   IMG_4148.jpg
弦押さえのテンションバーはヘッド裏側からナット止めされている構造です。
0フレット付きなのでナットは弦の通る位置を決めるガイドなのですが、弦間ピッチはバラバラだし、外側に寄り過ぎていて押弦すると弦落ちする状態でしたので、ナットは作り直します。
   IMG_4147.jpg

部品を全て外してみると…ピックガードを止めているネジは全て中で折れて残ってしまい、その撤去と補修が必要な状態。
   IMG_4149.jpg
積層合板ボディとはいえ、無駄に深く掘られたピックアップキャビティや、ネックポケットの適当さ…色々修正したい箇所があります。

ネックポケットは平面を出しつつ塗料の除去を行いました。
折れたネジを撤去した後で、ネジ穴はマホガニープラグで埋めました。
ピックアップキャビティ内には弦と平行方向に突っ張るようなサイズでハードメイプルを削り出して接着し、ボディセンターラインの強度を向上させます。
   IMG_4150.jpg
導電塗料を塗って、アースラグを引いておきます。
(元々弦アースが取られていない構造でしたが、今回の作業にあたりトレモロユニット部にアース配線を追加しています)
   IMG_4161.jpg
ピックガードを取り付けるネジ穴も改めて開け直した上で、ネジ穴には面取りを行います。

次に電装系を見ていきましょう。
これは取り外した元々のアッセンブリ。
   IMG_4158.jpg
全ての部品を金属製のピックガードに搭載した作りになっています。
2ヴォリューム、マスタートーンで、ピックアップの個別ON/OFFスイッチとトーンをON/OFFするスイッチが用意されています。
   IMG_4159.jpg
部品は全て取り外して、スイッチは接点クリーニングを行い再利用。
ポット、ジャックは新品交換してトーンコンデンサは持ち込まれた物を搭載しました。
   IMG_4162.jpg
配線材にはBELDEN8503を信号ラインとグラウンドラインとを撚り合わせて使用しています。
   IMG_4163.jpg
ピックアップON/OFFスイッチからヴォリュームポットまではBELDENの2芯シールド線で接続。
細身なのにアルミフォイルシールドで、内部配線材も22AWGゲージなので重宝しています。
   IMG_4164.jpg

ナットはTUSQの角材から削り出して作成しました。
   IMG_4153.jpg
弦位置を決めるガイドなので、溝幅は通常のナットよりもほんの少し広く切りました。
手に当たって痛くないように、全体的に丸みを持たせた仕上がりに整えます。
   IMG_4170.jpg
0フレットは摩耗によって他のフレットよりも低い状態で解放音だけビリ付く状態でしたので、0フレットだけ少し背の高い物に交換して調整しています。
   IMG_4171.jpg

そもそものネック仕込み角度が設計から合っていなくて弦高が高い状態でしたので、ローズウッドで角度付きシムを作りました。
   IMG_4165.jpg
ポケット奥側は3.2mm、手前は2.2mmの傾斜付きになっており、ネックの仕込み角度を確保しつつボディとネックが面で接するようになっています。
   IMG_4172.jpg
ネックジョイントスクリューは純正よりもこのシムの厚さ分長いものを用意して交換してあります。

フレットエッジや指板エッジは定番の面取りを行っていまして、弦高も常識的な高さまで持っていけました。
   IMG_4169.jpg
ブリッジが直線バーだと指板Rに合わないので、バーの弦位置をヤスリで削ってブリッジ上にRを形成しています。
   IMG_4167.jpg
それでもオクターブ調整は出来ないので、もっと正確なチューニングを求めるとTOMブリッジへ換装という手もありますが…
ビザール感を持たせたままどこまで部品交換をするかというのが難しいポイントだと思います。

全体的にワックスをかけて完成。
   IMG_4166.jpg
フレットレベルのバラツキもあり、出来れば擦り合わせを行うなりフレット交換をするなりしたい状態ではありますが、今後使っていく上でご検討いただければと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
祝!オープン5周年記念日
本日3月25日はStudio GREAMの開店記念日です。
この地で丸5年を迎え、あの大地震でも幸いにも大きな被害はなく、なんとか立って続けてこれております。
毎度同じ言葉にはなりますが、ひとえにご利用いただいているお客様あってこその5年間でした。

おかげ様でこの月末に多くの作業依頼をいただいててんやわんやしているため、何かしらこの5周年のイベントを企画する時間すらも取れなかったことは残念でなりません。
過去毎年行ってきている内容と同じで恐縮ではございますが、せめてものお礼の気持ちと致しまして…

本日3月25日(土)にStudio GREAMへご来店いただいたお客様には、翌日より5月末までの間で使える「スタジオ利用半額割引チケット」を差し上げます。

本日のみのプレゼントになりますので、光の森方面へいらっしゃっる際にはぜひStudio GREAMにお気軽にお立ち寄り下さいませ。


これからも「こんなのがあったら良いな」を実現させる姿勢で取り組んでまいりますので、お気軽に機材の希望やアイデアをご相談くださいませ。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
DECIEVER aNの全体調整&ノイズ処理
今回はProvidenceがリリースするギターブランドDECIEVERのaNというモデルの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_4099.jpg
色々と試行錯誤して部品交換などされてきている感じで、元々のスペックは判りませんが全体的にとても精度が高く作られている印象です。
   IMG_4097.jpg
信号の劣化を抑えるVitalizer®が搭載されていますが、これはプレベのピックアップカバーに回路を入れて樹脂モールドしているのですね。
   IMG_4098.jpg
配線があっち行きこっち行きしているので、一度全て外して無駄を排除して組み直します。
   IMG_4102.jpg
キャビティには炭素系導電塗料がしっかりと塗られていましたが、部分的に塗り忘れもあり…
一度削り落してから、銅系導電塗料を塗り直していきます。
   IMG_4105.jpg
5wayのメガスイッチが使用されていますが、配線は一般的なストラト配線になっていました。
フロント+リアに強制的に移行するスイッチがピックガード上に用意されていて、オーナーの理想とする演奏性やサウンド追及の試行錯誤が見て取れます。
   IMG_4101.jpg
リアハムバッカーはトーンポットにつながってはいませんが、トーンポット全開状態でつながっているような状態で固定されていました。
(トーン回路はポット全開でもつながっているだけでサウンドは変わります)
   IMG_4103.jpg

今回はセレクタースイッチは3wayにしてフロントとリアをコントロールする、テレキャスターのような配線を基本にしました。
その上で、ミニスイッチはセンターピックアップのON/OFFに変更して、3つのピックアップを鳴らすという事も出来るようになっています。
   IMG_4106.jpg
ヴォリュームポットは軽い回転トルクで滑らかなカーブになるように、との希望でしたので抵抗値の選別を行いチョイスしました。
   IMG_4107.jpg
配線はBELDENの4芯シールド線を用いて、フロントとリアピックアップそれぞれのトーン用と、アウトプット、LEDの電源(9V+)をまとめています。

導電塗料を塗り直したのだけれども、綺麗に写っている写真がなくて申し訳ない…
   IMG_4108.jpg
どのポイント間でも導通抵抗100Ω以下になるようにチェックして塗っています。

トーン回路ですが、希望が特殊でして…シングルコイルは250Kポットに0.033uFコンデンサ、ハムバッカーは500Kに0.022uFという希望でした。
トーンポット2段積みにしての対応も考えましたが、操作性が悪いので…
1軸2連ポットを使い、ピックアップセレクターに連動してトーンポットの抵抗値とコンデンサが切り替わるようにしてみました。
   IMG_4109.jpg
狭いキャビティ内で干渉しないように、上手い事収納出来たと思います。

指板やフレットエッジはお預かり時はこのような状態でしたが…
   IMG_4100.jpg
定番の面取りを行って柔らかい感触のグリップになりました。
   IMG_4112.jpg
ブリッジは3弦12フレットで1音半アームアップ出来るフローティングにしつつ、弦高やオクターブを調整して完成となりました。
   IMG_4110.jpg
センターピックアップのON/OFFは平レバースイッチ、Vitalizer®のON/OFFはショートレバースイッチ、コントロールノブにはポインターワッシャー追加、レバースイッチキャップは角型タイプと、細かい希望もお伝えいただいておりましてたので、それに沿って部品の用意を行いました。
   IMG_4111.jpg

納品後に感想のご連絡をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

まず、ネックのフィット感に驚きました!
フレットがとても滑らかで、スライド時に押弦した指がツルッと滑っていくような感覚がとても新鮮で、まるでストレスを感じません!

そして、ノイズがありません!
感覚的にはもう「完全になくなった」と言えるレベルです。
これまでシングルコイルを歪ませた時のノイズが気になっていましたが、構造上仕方のないものだと諦めていました^^;
静かな曲でもノイズレスにプレイできるのは本当にありがたいです!

そして肝心の音質ですが、生音からかなり違いがあり、柔らかく倍音が整っていてダイナミクスに余裕を感じました。
アンプを通してみるとはじめはとても「ぷりっ!」とした印象で、以前よりも弦の「バウンド感」が格段に増しているのがすぐに分かりました!
てっきり高域が以前よりも控えめになったのかと思いましたが、高域もむしろ鮮度を増していて、その上で本来の太さを取り戻したような印象です。
ボリュームポットも希望したとおり、とても軽い質感で気に入っています。
ボリュームを絞ったときのカーブがとても良いですね!
高域もナチュラルに維持される感じでとても扱いやすいです!

以前からブログは拝見していましたが、丁寧な作業のひとつひとつにより、ここまでの違いが生まれるとは思いませんでした。
月並みな表現ですがこのギターの『本来のポテンシャル』が引き出されたような印象です。
本当に驚いています!!
元々とても気に入っているギターでしたが、おかげさまでさらに愛着が増しました!
これからも大切に使わせていただきます!!

Studio GREAMさんはとにかく作業が丁寧で、対応が素晴らしく価格も良心的なので、いつも本当に助かっています!
今後ともよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました!!



このようにお喜びのお言葉をいただけると、手抜きせずに精一杯やって良かったなぁと満足感を得られますね。
同様の感想を今後もいただけるように、全ての仕事に精一杯対応していきたいと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp